ブブカサプリの栄養成分の分析!薄毛や育毛にどう効果があるのか?

スポンサーリンク

育毛剤として有名なブブカですが、実は定期購入を申込むと一緒にブブカサプリメントもついてきます。

タダでもらえるサプリメントなので嬉しいですが、一体どれ程の効果があるでしょうか?ではブブカサプリメントにはどんな成分が配合されているでしょうか?それぞれの成分は頭皮環境を整えたり、髪の毛の健康を保つためにどんな効果を発揮するでしょうか?それぞれの有効成分ごとに詳しく調べてみましょう。

ノコギリヤシがヘアサイクルの予防

まず注目できる成分がノコギリヤシです。

育毛剤にも含まれることの多い有効成分ですが、サプリメントでも摂取すると体の外と中から効果を期待できます。

ノコギリヤシには抜け毛を抑制する働きが期待できます。

抜け毛が発生する理由として還元酵素の5αリダクターゼがあります。

ノコギリヤシにはこの5αリダクターゼの働きを抑制できる効果があります。

5αリダクターゼ自体は抜け毛を誘発しませんが、男性ホルモンの一つテストステロンと結合することで形成されるジヒドロテストステロンが抜け毛ホルモンと呼ばれるほど強い脱毛作用があります。

なぜでしょうか。

ジヒドロテストステロンは頭皮にある毛乳頭細胞付近ではアンドロゲン受容体と結合する特性があります。

アンドロゲン受容体とジヒドロテストステロンが結合することでヘアサイクルは乱され、成長期を迎えている健康な髪の毛も衰退期をむかえてしまいます。

ノコギリヤシにはジヒドロテストステロンの原因ともなる5αリダクターゼを抑制することで、脱毛ホルモン自体の生成をストップできる優れた効果があります。

イソフラボンが5αリダクターゼ抑制

イソフラボンは植物に含まれる成分でポリフェノールの一つです。

主に大豆に含まれるポリフェノールをイソフラボンといいます。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似ている構造をもつ成分です。

それで、肥満防止やアンチエイジング効果など健康維持や美容効果も期待できます。

イソフラボンはノコギリヤシと同じように5αリダクターゼを抑制する働きがあります。

この働きについては国立癌研究所が発表した研究結果からも証明されています。

ブブカサプリにも含まれるイソフラボンには頭皮環境を整えるだけではなく、抜け毛の原因である5αリダクターゼ抑制効果が期待できます。

植物由来の成分なので摂取からの副作用の心配はありません。

亜鉛が髪の成長に必要

亜鉛も5αリダクターゼを抑制できる成分の一つです。

ブブカサプリメントには脱毛ホルモンである5αリダクターゼの働きを徹底的に抑制できるような成分が豊富に配合されています。

でも亜鉛には育毛をサポートする別の働きも備えています。

亜鉛が不足すると髪の毛が成長しないと言われます。

それは亜鉛がタンパク質をケラチンタンパク質へと再構成することができるためです。

つまりどんなに良質のタンパク質をたくさん摂取していたとしても亜鉛が不足していれば健康な髪の毛を形成することはできません。

ケラチンタンパク質は髪の毛のおよそ99%を占めています。

この数字を見ると亜鉛の大切さがよくわかります。

育毛に必要な栄養素の中でも亜鉛は摂取が難しい栄養素の一つです。

特に働き盛りの男性であれば、コンビニ弁当やインスタント食品が多くなってしまい食事から十分に亜鉛を摂取できません。

すぐには亜鉛不足の影響は目に見えませんが、数カ月と続くと髪の毛が細くなったり、抜け毛が多くなったりし始めます。

ブブカサプリメントであれば不足しがちな亜鉛もしっかりと摂取できます。

ミレットエキスが髪や頭皮に効果

ブブカサプリメントにはミレットエキスも配合されています。

ミレットエキスとは穀物から抽出されるエキスで、髪の毛や頭皮環境を整えるのに有効な成分がたくさん含まれています。

ケラチンタンパク質を構成しているアミノ酸の中でも特に多いのがシスチンです。

シスチンはおよそ15%を占めています。

ミレットエキスにはシスチンが含まれているので、ケラチンタンパク質の生成にも役立ちます。

同じアミノ酸でも人間が体内で形成できないアミノ酸もあります。

必須アミノ酸と呼ばれている栄養素です。

メチオニンもそのひとつで、ケラチンタンパク質を構成しているアミノ酸の一つです。

それでメチオニンも長くて太い髪の毛には欠かせない栄養素です。

他にもコラーゲンを強くして抜け毛を抑制できるケイ素や体が取り入れた栄養素を吸収できるようにサポートする働きがあるビタミンB群も配合されています。

ミレットエキスとしてもサプリメントは販売されています。

でもブブカサプリメントであれば、ミレットエキス単体ではなく他の有効成分と一緒に摂取できるメリットがあります。

ブブカサプリ成分は1日あたりどれくらいの栄養分が摂取できる?

気になるのは、こうした有効成分がブブカサプリメントにどれくらい配合されているのかということです。

ブブカサプリメントは常に改良を加え、有効成分が最大限効果を発揮できるように作られています。

まず還元酵素5αリダクターゼ抑制に効果があるノコギリヤシは20ミリグラム、イソフラボンは20ミリグラム配合されています。

そして特に穀物類の中でもキビから抽出したミレットエキスが200ミリグラム配合されています。

ケラチンを形成するためには必須栄養素です。

そして不足しがちの栄養素の亜鉛も12ミリグラム配合です。

ブブカサプリメントに配合されている亜鉛は酵母培養で作られているので濃度の濃い有機亜鉛です。

ブブカサプリメントは1日に6錠服用することがすすめられています。

ブブカサプリメントの服用で必要とする栄養素を全てカバーできるわけではありません。

また必要な栄養素の中には亜鉛のように極端に摂取すると体に負担をかけてしまうケースもあります。

それでブブカサプリメントには毎日の食事からの摂取量も考えられた栄養素が配合されていますつまりブブカサプリメントを服用しているから髪の毛が生えてくるという訳ではありません。

サプリメントの服用と併せて健康的な食生活や規則正しい生活などを心がけることも必要です。

1日あたりの摂取量はどれくらい?

育毛効果や頭皮環境を整えるはたきのある成分も過剰摂取してしまうと人体にとっても害となります。

ではブブカサプリメントに配合されている有効成分の摂取量はどれくらいがベストでしょうか。

ノコギリヤシは具体的に何グラムが目安となる摂取量かは定められていません。

でも厚生労働省の情報サイトを参考にすると、1日の標準摂取量は約106ミリグラム程度であることが分ります。

ノコギリエキスは天然由来成分なので副作用の心配がない成分とされてはいますが、過剰摂取してしまうと胃の不快感などの副作用が発生する可能性もあります。

内閣府の食品安全委員会の報告ではイソフラボンの摂取量は1日70~75ミリグラムが良いとされています。

そのうちサプリメントや健康食品で摂取するのは30ミリグラム程度にしておきましょう。

納豆や味噌など毎日の食事からも摂取することになるためです。

もちろん摂取量が多くなったからといってすぐに人体に悪影響が出る訳ではありません。

しかしイソフラボンは女性ホルモン・エストロゲンとも似た成分構造をもっているので、過剰に摂取するとホルモンバランスが崩れてしまう危険性があります。

亜鉛の摂取目安量はどうでしょうか。

厚生労働省の基準では1日12ミリグラム程度が推奨されています。

サプリメントで摂取するのは簡単ですが、食品から摂取することも考えておきましょう。

亜鉛を過剰摂取すると副作用として頭痛、嘔吐、腎臓障害、神経障害などが起きてしまいます。

健康維持に欠かせない栄養素ですが、サプリメントはあくまでも食事で摂取出来ない栄養素をカバーすると考えておきましょう。

まとめ

ブブカサプリメントは育毛剤と同じように有効成分がたくさん配合されている魅力的な育毛サプリメントです。

ただし即効性は期待できないので、育毛剤同様に継続的に使い続けましょう。

個人差もありますが少なくとも3ヵ月程度の使用は必要です。

育毛剤とサプリメントを併用することで、育毛や頭皮環境を整える有効成分が体の外からと内側から働きます。

ただし記載されている摂取量に従って服用しましょう。

コメント