ダブルインパクト成分カプサイシンとイソフラボンがCGRPを放出

スポンサーリンク

抜け毛、薄毛対策として効果のある方法の一つにサプリメントがあります。

育毛や頭皮環境を整えるために必要な栄養素を濃縮して摂取できるため、食事だけではカバーできない栄養素をしっかりと摂取できます。

育毛効果があることで注目されている栄養素にイソフラボンとカプサイシンがあります。

育毛サプリメント「ダブルインパクト」はこの2つの栄養素を高濃度で凝縮したカプセルタイプのサプリメントです。

2つの有効成分で育毛にアプローチするということで、ダブルインパクトです。

ではイソフラボンやカプサイシンが育毛に効果があるのはなぜでしょうか。

育毛サプリメント「ダブルインパクト」の特徴や効果、メリットとデメリットまで徹底解剖していきましょう。

そもそもダブルインパクトとは?

ダブルインパクトは、カプサイシンの濃縮カプセルとイソフラボンの濃縮カプセルの2つで構成されています。

1日にサプリメントをカプサイシンは6錠、イソフラボンは3錠飲むことが推奨されています。

発毛効果は約90%という効果が高い育毛サプリメントです。

これまでに愛用者30万人以上という驚異的な人気があります。

育毛剤とは違い、サプリメントにすることで体の中から頭皮環境改善に取り組みます。

カプサイシンとイソフラボンを一緒に摂取することで、成長因子の一種であるIGF-1の生成を促し、抜け毛対策と発毛促進の2つに同時にアプローチできるわけです。

個人差もありますが、約半年程度飲み続けると効果を頭皮環境の改善を実感できます。

育毛剤と同じように育毛サプリメントも即効性を期待することはできないでしょう。

カプサイシンが神経内の遺伝子関連ペプチドの作用停止

カプサイシンは唐辛子にも含まれる成分で、辛味成分でもあります。

このカプサイシン自体も血行促進作用があることで、育毛効果が期待できる成分でもあります。

血行が促進されると、髪の毛が生えたり成長するために必要な栄養素や酸素を効率的に供給できます。

辛い食べ物を食べると髪の毛が抜けるなんて話もありますが、適量を食べるなら髪の毛には良い効果があります。

カプサイシンが育毛に効果があるとされる理由は他にもあります。

それは遺伝子関連ペプチドを活性化させる働きです。

カプサイシンは摂取されると、知覚神経を刺激します。

知覚神経はカプサイシンから刺激を受けることで、遺伝子関連ペプチドを活性化させます。

この活性化によって生成されるのが、成長因子の一つIGF-1です。

IGF-1が生成され細胞分裂をすることで、毛乳頭細胞が刺激され発毛や育毛が促されます。

つまりカプサイシンは毛乳頭細胞を活性化させるために必要なIGF-1を生成する働きがあります。

IGF-1は髪の毛だけでなく皮膚の代謝にとって大切な栄養素ですが、年齢と共に分泌量は徐々に減少していきます。

IGF-1の減少がヘアサイクルを短くしてしまい、抜け毛が生じる原因ともなっています。

つまりカプサイシンを摂取することで、ヘアサイクルを整える働きも期待できます。

しかしカプサイシン自体には、遺伝子関連ペプチドを増やす働きはありません。

そのためカプサイシンを単体で摂取していていも、神経にある遺伝子関連ペプチドはなくなってしまいます。

そこでさらに効果的な摂取方法がすすめられています。

それがイソフラボンとの併用です。

エストロゲンがCGRPの産出を即す役割

イソフラボンには脱毛や育毛に効果のある作用がたくさん含まれています。

例えば、脱毛を促す強力な男性ホルモン・ジヒドロテストステロンの生成を抑制することで、抜け毛予防ができます。

そしてイソフラボンには女性ホルモン・エストロゲンと似た働きをする効果があります。

エストロゲンは遺伝子関連ペプチドを増やすことができるので、髪の健康にはとても重要な栄養素です。

イソフラボンはエストロゲンと同じように遺伝子関連ペプチドを増やす作用が見られます。

遺伝子関連ペプチドが多くなれば、その分髪の毛の成長に必要とされるIGF-1を形成することができます。

そのためイソフラボンは脱毛にも育毛にも効果があるとされています。

カプサイシンとイソフラボンがインスリン様成長因子-1の分泌

カプサイシンを摂取することで、まず知覚神経から遺伝子関連ペプチドが放出されます。

そしてイソフラボンによって遺伝子関連ペプチドは増殖していき、IGF-1(インスリン様成長因子-1)をより多く形成できます。

つまりカプサイシン、イソフラボンはそれぞれ単体でも育毛に効果のある有効成分ですが、一緒に摂取することで一層の相乗効果を生みだすことができます。

そもそもIGF-1とは何でしょうか。

成長因子の一つで成長ホルモンが肝臓を刺激することで分泌されます。

髪の毛の生成に深く関係する成長因子の一つで、髪の毛が太く長く成長する、髪の毛を抜けにくくするように丈夫な毛包にする、そしてヘアサイクルの成長期を長くする働きがあります。

つまりIGF-1が増えなければ、髪の毛の健康を維持することができないと言っても過言ではありません。

ダブルインパクトの医学的な根拠

カプサイシンによって知覚神経が刺激され遺伝子関連ペプチドが放出される、イソフラボンによって遺伝子関連ペプチドが増殖されるという理論は医学的にも裏付けられています。

もちろんこの理論が正しいとしても直接育毛に効果があるかは個人差があるため、断言できません。

この理論が応用されているのが育毛サプリメントのダブルインパクトです。

カプサイシンカプセルを飲んで遺伝子関連ペプチドを放出させ、イソフラボンカプセルで増殖、そしてインスリン様成長因子‐1を形成します。

ダブルインパクトの効果も臨床試験によって証明されています。

育毛効果があるサプリメントとし特許も取得しています。

ダブルインパクトの価格が高すぎる・・・そんな時は豆腐や唐辛子

育毛効果のあるサプリメントとして人気のあるダブルインパクトですが、一つデメリットになるのが価格です。

1か月分のサプリメント、カプサイシンとイソフラボンがセットになって税込9720円です。

1か月でサプリメントだけで10000円近くかかってしまうのは経済的にも大変です。

さらに効果を実感するには少なくても半年程度は継続する必要があります。

半年でも60000円…安くはありません。

カプサイシンとイソフラボンの組み合わせは料理でも効果があります。

例えばカプサイシンを摂取するには唐辛子があります。

唐辛子であれば、料理の薬味として使えます。

イソフラボンは主に大豆に含まれているので、豆腐、納豆、味噌などから摂取できます。

一番相性が良い組み合わせは豆腐に唐辛子、納豆に唐辛子、味噌汁に唐辛子などなどダブルインパクトと同じようにカプサイシンとイソフラボンを一緒に摂取できる料理でしょう。

まとめ

ダブルインパクトはカプサイシンとイソフラボンの効果でIGF-1 を生成することで育毛にアプローチします。

効果のあるサプリメントではありますが、価格もインパクトがあります。

カプサイシンとイソフラボンの育毛効果を実感するために、唐辛子と大豆食品を一緒に食べることもおすすめです。

コメント