オーガニックシャンプーは無農薬・無化学肥料の成分配合!頭皮に優しい

スポンサーリンク

オーガニックは体にいいというイメージをお持ちですか。

この数年、オーガニック食品だけでなく、オーガニックシャンプーも注目されています。

ではオーガニックシャンプーとはどんなシャンプーでしょうか。

なぜ頭皮や髪の毛に良いとされているのでしょうか。

詳しく調べてみましょう。

農薬や化学肥料が体内に悪い影響

日本は世界の中でも野菜消費量が多い国です。

子供のころから毎日のように食べる野菜ですが、そのほとんどは農薬や化学肥料が使われています。

スーパーなどで売られている野菜には海外からの輸入されたものと、国産の野菜があります。

残念ながらどちらにも農薬や化学肥料が使われています。

オーガニック野菜などのコーナーを設けて無農薬野菜を販売しているスーパーもありますが、値段が通常よりも高いことから余り馴染みがないかもしれません。

こうした農薬、化学肥料が使われている野菜を食べることは間違いなく身体に悪影響を及ぼします。

例えばアトピー性皮膚炎は子供のころから農薬や化学肥料が使用されている野菜を食べることが関係しています。

この数年間にアトピー性皮膚炎の患者数は倍近く増加しています。

年数が経過しても野菜に使われた農薬は体の中に蓄積して、将来的にはアルツハイマーやパーキンソン病の原因にもなるという研究結果も発表されています。

確かに虫を殺すために使われる薬なので、体内に取り入れて無害であるはずがありません。

オーガニックシャンプーとは?

オーガニックとは、有機栽培の事を指しています。

つまり化学肥料を使わずに有機肥料を使って栽培された植物から抽出されている成分でシャンプーを作っているということです。

ただし現在のところ、野菜などの農作物に規定されているJAS有機規格のような厳しい規格がシャンプーにも定められているわけではありません。

そのため、少量でもオーガニック成分が配合されているシャンプーをオーガニックシャンプーとして販売していることもあります。

購入前にどのような成分が配合されているかを確認する必要があります。

石油系由来の洗浄成分などが配合されていないかは必ずチェックしましょう。

オーガニックシャンプーが地肌に優しいワケ

やはり何らかの農薬や化学肥料が使われていると、頭皮や髪の毛に与えるダメージは大きくなります。

また体内に蓄積してしまうように、頭皮から浸透してしまう危険性もあります。

着色料、香料、石油由来界面活性剤などの化学成分も刺激が強いことから頭皮に与えるダメージが心配されます。

こうした成分が配合されていない、オーガニックシャンプーもしくは無添加シャンプーは頭皮環境を整えるという点で非常に優れています。

洗浄成分が天然由来ということで洗浄力や脱脂力が弱いと感じる人もいますが、汚れや余分な皮脂を洗い流すためには十分な洗浄力です。

またオーガニックシャンプーは保湿力が高い特徴があるため、髪の毛もしっとりとした洗い上がりになります。

そして頭皮の乾燥を予防する効果もあります。

オーガニック成分が頭皮や髪の栄養源につながる

では具体的にシャンプーに配合されているオーガニック成分がどんな効果があるのかを調べてみましょう。

アルガンオイル

モロッコが原産地となるアルガンと呼ばれる木の実から抽出される天然由来成分です。

1本のアルガンの木から抽出できるオイルはたったの1リットルという非常に貴重なオイルです。

アルガンオイルは髪の毛のダメージケアに効果があるとして注目されています。

抜け毛や枝毛、髪の毛の乾燥も予防できます。

アンチエイジング効果もあるため、髪の毛のハリやコシを維持することも期待できます。

ホホバ油

ホホバオイルは浸透性に優れているため、髪の毛の潤いをしっかりとキープできます。

女性の間でも人気のあるオーガニック成分ですが、男性用のスカルプケアシャンプーにも配合されることが多い成分です。

髪の毛だけでなく頭皮の保湿効果もあるため、乾燥を防ぎ抜け毛やフケなどの頭皮トラブルを緩和させます。

カミツレエキス

他のオーガニック成分と同様に保湿効果に優れていますが、その他にも美白効果、炎症効果、抗酸化作用、収れん作用など、カミツレエキスが持つ効果は多岐にわたります。

頭皮環境を整えるためにバランスの取れた成分なので、抜け毛対策にも最適です。

化学成分配合でもオーガニックシャンプーになるため注意

上述したように、シャンプーや育毛剤などの医薬部外品を取り扱う厚生労働省では、オーガニックシャンプーとして販売できる厳密な基準を定めていません。

そのため1つのオーガニック成分が少量配合されているだけでも、オーガニックシャンプーとなります。

もしかすると、頭皮や髪の毛にとってはダメージの強い石油系界面活性剤が配合されている可能性もあります。

購入前に成分表示を確認しましょう。

おすすめのオーガニックシャンプー

haru黒髪スカルププロ

22種類の天然植物由来成分が配合されています。

洗浄成分としてはヤシ油由来の成分を配合しています。

頭皮を整えながら皮脂汚れをしっかりと洗い流します。

ノンシリコンですが、洗い上がりの髪の毛のキシミなどもなく人気のあるオーガニックシャンプーです。

シンスボーテ オーガニックシャンプー

サクラン、バオバブオイルなど100%天然由来成分で作られています。

アミノ酸系シャンプーですが、泡立ちの良さや洗浄力の良さも人気の秘密です。

オリジェノア エクストラシャンプー

頭皮環境を考えてシリコンなどの化学成分は一切カットされています。

オーガニック成分を豊富に配合して髪の毛と頭皮の潤いをキープします。

まとめ

天然由来成分100%のオーガニックシャンプーは間違いなく頭皮環境を整えるために効果があります。

オーガニックシャンプーを購入する前にはどんな成分が配合されているかをしっかりと確認しましょう。

ただしアレルギー体質の人は、何らかの植物エキスに反応してしまう危険性もあるので注意しましょう。

コメント