洗浄力が強い高級アルコール系シャンプーは安い価格で買える理由とは?

スポンサーリンク

今使っているシャンプーは何系シャンプーでしょうか。

シャンプーにも幾つかの種類があることをご存知でしたか。

ドラッグストアなどで販売されているシャンプーの大半は高級アルコール系シャンプーに分類されています。

では高級アルコール系シャンプーにはどんな特徴があるでしょうか。

なぜ安く販売できるのでしょうか。

石鹸系シャンプー、アミノ酸系シャンプーと比較しながら、高級アルコール系シャンプーのメリットとデメリットについても詳しく調べてみましょう。

高級アルコールとは?

高級アルコールと聞くと、価格が高級と考えるかもしれません。

でもこの高級とは価格ではなくアルコール分子中に含まれている炭素の数を表しています。

高級アルコールには炭素が6つ以上含まれています。

高級アルコールとして、セタノールやステアリルアルコール、またオクチルドデカノールやラウリルアルコール、ミリスチルアルコールなどがあります。

炭素数が5つ以下のものは低級アルコールと呼ばれています。

高級と低級では性質も異なります。

高級は含まれる炭素の数が多いので油性の性質が強く出ます。

つまりシャンプーにとっては好ましい泡立ちの良さ、洗浄力の強さが得られます。

一方低級になると、水性の性質が強くでるため皮脂汚れなどがしっかりと洗い流せず、シャンプーや洗剤などには向いていません。

高級アルコール系シャンプーは洗浄力が強いという特徴があります。

汚れがスッキリと落ちていいのではないかと感じますが、実は頭皮にとっては洗浄力の強さゆえにダメージを与えてしまいます。

高級アルコール系は洗浄力が強い

洗浄力の強さは配合されている洗浄成分に関係しています。

市販されている高級アルコール系シャンプーのほとんどに配合されているのは「ラウリル硫酸ナトリウム」もしくは「ラウレス硫酸ナトリウム」です。

どちらも石油由来の洗浄成分なので、皮脂や汚れを落とす洗浄力が非常に強い特徴があります。

また洗浄成分の他にもシリコンなどのコーティング剤、香料なども配合されているため洗浄力の強さに加えて洗髪後の仕上がりも魅力的なものになります。

見た感じはとても綺麗なのですが、実際には頭皮にも髪の毛にも強いダメージを与えてしまっています。

高級アルコール系は原料費が安く加工されている

高級アルコール系シャンプーに配合されている「ラウレス硫酸ナトリウム」や「ラウリル硫酸ナトリウム」などの成分の多くは化学的に作られている成分です。

石油を原料としている界面活性剤がほとんどです。

そのため一度に大量にしかも安価に加工して製造できる特徴があります。

しかも消費者が求めている、泡立ちの良さ、洗った後の爽快感、そして何度も購入できる安さが実現できます。

アミノ酸系シャンプーでは洗浄成分として植物などの天然由来成分を使っています。

そのため成分によっては非常に貴重で高価になります。

そのためアミノ酸系シャンプーは他の種類のシャンプーと比較しても価格が高く設定されています。

「高級アルコール系・石鹸系・アミノ酸系」のメリット・デメリット

この数年でスカルプケアシャンプーの人気も高まっていますが、シャンプーは大きく分けて3つに分類されます。

高級アルコール系シャンプー、石鹸系シャンプー、そしてアミノ酸系シャンプーです。

この分類は配合されている洗浄成分に基づいて分けられます。

ではそれぞれのシャンプーで覚えておくべき、どんなメリット、デメリットがあるでしょうか。

詳しく調べてみましょう。

高級アルコール系シャンプー

メリット:

何と言っても価格の安さにあります。

シャンプーは毎日使うものなので、コストがかかると継続的に使うのが難しくなります。

また洗浄力と脱脂力の強さがあるため、洗い上がりはスッキリとした爽快感を感じます。

夏場など汗をかくことの多い時期や脂性の人には好まれるシャンプーです。

デメリット:

これまで説明したように、洗浄力の強さは配合されている石油由来の界面活性剤にあります。

そのため頭皮や髪の毛に与えるダメージは大きく、何年も使っていると頭皮の中に洗浄成分が浸透して影響が出るケースもあります。

また髪の毛の触り心地を考えて配合されているシリコンが毛穴に詰まると、痒みや炎症の原因ともなります。

敏感肌や乾燥肌の人にとっては症状を悪化させかねないシャンプーです。

薄毛や抜け毛の原因ともなるので使用には注意が必要です。

石鹸系シャンプー

メリット:

天然由来成分を界面活性剤として使っているので、安全性の高いシャンプーです。

天然成分でありながら、アミノ酸系シャンプーのように高価ではないので継続して使うことも難しくありません。

また低刺激でありながら、洗浄力もあるので頭皮汚れや毛穴の詰まりを落とせます。

アレルギー肌の人などにはおすすめのシャンプーです。

デメリット:

石鹸系シャンプーは無添加のものが多いので髪の毛の触り心地を考えてシリコンなどが配合されていません。

つまり洗い上がりはゴワゴワとした感じになります。

また石鹸カスをしっかりと洗い流さずに髪の毛や頭皮に残っていると、フケや痒みの原因ともなります。

時間をかけて丁寧に洗い流す必要があるでしょう。

洗浄力が強いので、乾燥肌や敏感肌の人には余り好まれないシャンプーです。

アミノ酸系シャンプー

メリット:

洗浄成分が弱酸性でできているので、頭皮や髪の毛に与えるダメージが少ないです。

また髪の毛や頭皮の保湿にも優れています。

洗浄力も高級アルコール系シャンプーとは異なり強くないので、必要な皮脂は頭皮にのこして乾燥を防げます。

美容室などでも使われている頭皮に優しいシャンプーです。

デメリット:

洗浄力が弱いので、皮脂が多い人には洗髪後もスッキリとした感じが得られないでしょう。

また髪の毛の保湿効果があるので、少し重たい感じの髪の毛になります。

またアミノ酸成分の原料が高いので、毎日使うシャンプーとしては非常に高価になります。

高級アルコール系シャンプーの数倍の値段になります。

爽快感が欲しい人に高級アルコール系シャンプーがおすすめ

脂性の頭皮や普通肌の人であれば問題なく使えます。

シャンプーの後にスッキリした爽快感が欲しい人にはおすすめです。

メントールなども配合されているシャンプーであれば、夏場に好まれます。

乾燥肌や敏感肌の人にはおすすめできません。

必要な皮脂も根こそぎ洗い流してしまうので、洗髪後に乾燥がさらに悪化したり、痒みやフケの原因にもなります。

高級アルコール系シャンプーを見分けるポイント

ポイントは配合されている洗浄成分です。

ボトルの裏面の成分表記を確認しましょう。

「ラウリル硫酸ナトリウム」「ラウレス硫酸ナトリウム」はその代表的な成分です。

その他の成分でも「硫酸」と付く成分が含まれている場合は高級アルコール系シャンプーと考えましょう。

まとめ

高級アルコール系シャンプーは原料が安く洗浄力も強いシャンプーです。

脂性の人には好まれるシャンプーですが、石油由来の界面活性剤が配合されているため刺激が強い特徴があります。

髪の毛や頭皮にダメージを与え抜け毛の原因にもなりかねません。

乾燥肌や敏感肌、アレルギー肌の人にはおすすめできません。

コメント