酢のパワーで血液循環な頭皮に!薄毛予防の強い味方は酸味成分?

スポンサーリンク

健康に良い食品というのは、たいていの場合で頭皮や髪の毛の健康にも良い影響をもたらすものです。

酢は健康食品の代表とも言えますが、酢に含まれている様々な有効成分は薄毛予防に大きな力をもたらしてくれます。

それぞれの成分の特徴を調べると共に、気軽に酢を摂取する方法を調べて、毎日の生活の中で酢のパワーを生かせるようにしましょう。

アルギニン・クエン酸が悪玉コレステロールの酸化を防ぐ

酢にはたくさんの栄養素、成分が含まれています。

その中でも酸っぱさの主体となっているのがクエン酸です。

この成分は、やはり酢に含まれているアルギニンと合わさって、血液の状態を改善してくれるという効果を生み出します。

クエン酸やアルギニンは、糖質や脂質を燃焼させてエネルギーに換えるのに必要となる成分です。

しっかりとクエン酸などが摂取されていると、体内の脂肪が燃焼されやすくなっていきます。

そのため、食事などで摂取した脂質をきちんと燃焼、消費されるようにしてくれますので、無駄な脂質が血液中に流れ込むのを防いでくれるのです。

中性脂肪などが過剰に摂取されると、もしくはしっかりと燃焼されないと、血液中に流れ込み血液をドロドロにしてしまいます。

悪玉コレステロールが増えると、血管の中で血栓ができやくなり梗塞をもたらすリスクを押し上げます。

すると、頭皮の下に張り巡らされている毛細血管が詰まってしまい、頭皮の組織そのものにも毛根にも、十分な血液を届けることができなくなってしまいます。

そこで、酢をしっかりと摂ってアルギニンやクエン酸などを取り入れることで、血液をサラサラにし血流を回復することが可能です。

頭皮に流れる血液の量を増やすことで、頭皮の組織が若返りますし、毛根における毛髪の生成過程も順調に進んでいきます。

丈夫で抜けにくい髪の毛を作ることが可能になりますので、薄毛予防につながっていくのです。

アミノ酸が髪の成長につながる

黒酢などに豊富に含まれているアミノ酸も、たくさんの健康効果を生み出します。

アミノ酸は体内で消費されてエネルギー源となりますので、より活力のある毎日を送る助けとなるものです。

また、たんぱく質の合成に必要とされる栄養分ですので、組織を成長させるのにとても重要です。

こうしたアミノ酸の働きは、頭皮や毛根の健康状態にも影響します。

頭皮の皮膚組織は、常に紫外線の影響を受けやすいですし、ストレスや毒素などのダメージが蓄積されやすい場所です。

そのため、細胞の劣化もしくは老化が進みやすいという特性を持っています。

そこで、アミノ酸をたっぷりと摂取することで、細胞の新陳代謝を促進し、皮膚組織の若返りを行うことができます。

頭皮の若返りが進むと、潤いが出てきて柔らかくなってきます。

髪の毛のキープ力が強くなって抜け毛を防ぎ、しっかりと髪の毛が成長しきるまで留まらせることができるようになるのです。

また、毛根そのものにもアミノ酸は必要な栄養素です。

髪の毛を作るためには何種類かのたんぱく質を合成する必要がありますが、そのたんぱく質合成のための原料としてアミノ酸が使われるからです。

栄養をたっぷりと受け取った毛根は、より太くしっかりとした髪の毛を生成することができるようになります。

酢にはアミノ酸が多く含まれている

このように、アミノ酸は頭皮の状態を整えると共に、髪の毛の成長を促進するという重要な役割を果たします。

しかし、アミノ酸はすべての酢に豊富に含まれているというわけではありません。

一般的な醸造酢にはあまりアミノ酸は含まれておらず、酢酸やクエン酸の酸っぱみ成分がほとんどです。

一方で、ゆっくりと醸造を行い、原料のたんぱく質や糖質をじっくりと変換させていくタイプの酢にはアミノ酸がたっぷりと含まれています。

具体的には、黒酢や香酢、かめ酢などです。

これらの酢は単に酸っぱいだけでなく、まろやかな旨味や甘みがありますが、アミノ酸を含む様々な成分が酢の中に入っているからです。

もちろん、通常の酢を摂取してもしっかりとした健康効果を期待できますが、やはりより薄毛予防の効果を期待したいのであれば、こうした長期熟成型の酢を選んだほうが良いと言えます。

また、こうした酢は飲み心地が良く、むせることもなく気軽に飲める、もしくは料理などに使えるというメリットがあります。

価格の面では黒酢、香酢、かめ酢などはどうしても高くなってしまいますが、味が良く健康効果もずっと高いということを考えると、価格以上の価値があると言えるでしょう。

酢を1日に摂取する量の目安

血液をサラサラにしてくれるという大きな健康効果をもたらしますので、できるだけ毎日のように摂取することが勧められています。

酢の一日当たりの摂取量は、酢のタイプによりかなり異なるものです。

一日当たり8gから15gくらいが妥当な量と言えますが、それぞれの商品によって推奨量が異なります。

特に健康のことを考えて販売されている黒酢や香酢などの商品は、飲みやすいように成分が凝縮されていることもありますので、それぞれの商品が勧める一日当たりの摂取量を守るようにしましょう。

というのも、酢はとても健康効果が高いものですが、飲みすぎると逆にトラブルを引き起こすことがあるからです。

具体的には、酢酸などの強い刺激が胃腸にダメージを与え、胃腸通や違和感を与えることがあります。

また、酢は体を冷やす作用がありますので、摂り過ぎは冷え性をもたらすことがあります。

もし、日ごろから冷え性で悩んでいるのであれば、温かいお湯で割って飲むなどの配慮をした方が良いでしょう。

さらに、酢は歯を溶かす力もありますので、飲み過ぎによって歯の状態を悪化させてしまうこともあります。

こうしたことから、夜寝る前に酢を飲むという習慣は避けた方が安全です。

全体的には、一日当たり30g以上の酢を避けた方が良いとされていますので、適度な量を守るということを忘れないようにしましょう。

酢を料理にまぜるのも1つ

酢を毎日十分に摂るためには、ある程度の工夫が必要となります。

料理に使用するのも一つの手ですが、毎日酸っぱい料理を食べるのにも飽きてしまうという人もいます。

また、熱を強く通すと酢に含まれている様々な成分が飛んでしまうというデメリットもあります。

そこで、直接酢を飲むという習慣を持ってみてはいかがでしょうか。

酢の成分をそのまましっかりと摂取することができますし、必要量をきちんと毎日摂れるというメリットがあります。

とはいえ、酢をそのまま飲むというのは、なかなかキツイという人も少なくありません。

そこで、酢を何かで割るという方法を摂ることができます。

少しでも酸味が収まれば大丈夫というのであれば、ぬるめのお湯で割って飲むのが良いでしょう。

熱湯で割ると成分が壊れてしまいますし、酢が揮発してしまい飲むときにむせてしまいます。

また、はちみつを入れて甘みを足すと、かなり飲みやすくなって抵抗がなくなります。

野菜ジュースなどをミキサーで作って、そこに酢を入れて飲むという手もあります。

まとめ

酢はクエン酸やアミノ酸を豊富に含んでいます。

血液をサラサラにする効果がありますし、毛根の活動、毛髪の成長を促進することもできます。

有効成分がたっぷりと含まれている香酢や黒酢などがおすすめで、毎日飲むようにすると良いでしょう。

コメント