サプリのgungun(グングン)の効果は?有効成分の働きは?

スポンサーリンク

育毛に効果が期待できるサプリメントの中にgungun(グングン)という商品があります。

有名な通販サイトのランキングなどでも1位を獲得するなど、今注目されるサプリメントの1つですが、それにはgungun(グングン)に含まれる育毛成分、毛髪成分が大きく関わっていると考えられます。

また、女性の薄毛に関しても効果が期待できるサプリメントとして幅広いユーザーに注目をあびるサプリメントです。

gungun(グングン)サプリメントの注目すべき成分

gungun(グングン)に含まれるサプリメントには大きく分けて8つの育毛に役立つ成分が含まれています。

1つは「ノコギリヤシ」です。

これは男性型脱毛症にも効果を発揮するとして、多くの育毛剤に含まれる成分です。

次に2つ目の注目すべき成分は「菊芋」です。

キク科植物のエキスであり、地肌の老化を防いで頭皮環境を整え、脱毛を防ぐ働きが期待されます。

3つ目の注目すべき成分は「イソフラボン」です。

体内で女性ホルモンと似た働きをする成分で、体内のジヒドロテストステロン減少に役立ち、男性型脱毛症AGAを防ぎ頭皮の皮脂過剰分泌を防いで抜け毛が予防できます。

4つ目の注目すべきgungun(グングン)に含まれる成分は「カプサイシン」です。

カプサイシンはイソフラボンと一緒に摂取することで効果が高まり、頭皮の血行改善に役立つ成分ンです。

5つ目の注目すべき成分は「α-リポ酸」です。

α―リポ酸は高い抗酸化作用があり、体内で血行不良を招く原因となる活性酸素を減少させるので、頭皮の薄毛の原因である血行改善に役立ちます。

6つ目の注目すべき成分は「コラーゲンペプチド」です。

コラーゲンペプチドは良質で髪を育成するのに欠かせないタンパク質をもたらすので、栄養たっぷりの髪を育成するのに役立ちます。

7つ目の注目すべき成分は「養殖昆布仮根エキス」です。

養殖昆布仮根エキスには豊富なミネラルに加え、特殊成分であるフコイダンを含むので、線維芽細胞増殖因子の1つFGF-7が増え、髪の分裂を促進することができます。

そして最後に8つ目の注目すべき成分は「高麗人参」です。

高麗人参に含まれる有効成分サポニンは、頭皮の血行を良くするので、毛根に栄養が届くようになり、血行不良による頭皮環境の悪化や髪の毛の栄養不足を防ぎます。

カプサイシンとイソフラボンがインスリン様成長因子-1の分泌を増やす

特にgungun(グングン)で注目が大きい成分が「イソフラボン」と「カプサイシン」です。

イソフラボンはそれだけでも育毛に役立つ成分として知られ、体内で薄毛の原因となっているジヒドロテストステロン値を下げることがわかっています。

さらに、髪の毛の育成に関わるインスリン様成長因子-1「IGF-1」という成分を作る為にはCGRPという物質が必要だとわかっています。

そしてこのCGRPという成分を作るのにはイソフラボンだけなのです。

そしてカプサイシンは強い血行改善効果が期待される成分ですが、それだけでなくイソフラボンのCGRPを作りだす働きを促進することがわかっています。

つまり、イソフラボンとカプサイシンを同時に摂取することで、「血行改善」「ジヒドロテストステロンの減少」「髪の毛の育成に欠かせない因子を作るためのCGRPの生産促進」という3点において育毛をサポートすることが期待できるのです。

男性ホルモン抑制成分に役立つ成分

育毛サプリメント「gungun(グングン)」に含まれる成分の中でも、特に男性ホルモンの抑制に関わり、薄毛や脱毛を予防する働きが期待できる成分は2種類あります。

1つは「ノコギリヤシ」です。

ノコギリヤシは薄毛の原因であるジヒドロテストステロンを作りだすのに欠かせない5αリダクターゼの働きを抑制し体内で薄毛の原因となるジヒドロテストステロンを作らせないことから男性型脱毛症AGAに効果を発揮します。

2つ目の成分は「大豆イソフラボン」です。

イソフラボンは実験により、適度な摂取によって体内のジヒドロテストステロン値を減少させることがわかっています。

ですからノコギリヤシと同様、男性ホルモンが変換されてできるジヒドロテストステロンによる髪の育成の阻害が起こりにくくなり、AGAやM字型にハゲることを予防できるのです。

血行促進に役立つ成分の一覧

育毛サプリメント「gungun(グングン)」に含まれる成分のうち、頭皮の血行改善に働く成分は2つあります。

1つはカプサイシンです。

カプサイシンは唐辛子などに含まれる成分としても知られていますが、体内では血行促進に働きかける成分です。

また2つ目の成分は高麗人参で、こちらも漢方などにも古くから使われていたもので、体のめぐりをよくする効果があるとされています。

特に高麗人参に含まれるサポニンと呼ばれる成分が、血行を良くする作用があります。

つまり、この2つの成分によって頭皮の血行が良くなると、血行不良によって起こる、髪の毛の栄養不良が起こらなくなり、毛穴の1つ1つに栄養が行きわたって、強く健康的な髪が生えるのをサポートするのです。

頭皮環境に役立つ成分

育毛サプリメント「gungun(グングン)」に含むその他の成分には「α-リポ酸」「コラーゲンペプチド」「養殖昆布仮根エキス」「菊芋」などがあります。

まず「α-リポ酸」は抗酸化作用があり、頭皮の細胞をリフレッシュさせるだけでなく、血管の老化も防ぐので、結果的には血流を良くすることにもつながり、総合的に見て頭皮を健康で若々しくさせ、髪の毛の育成を促進してくれます。

「コラーゲンペプチド」は良質のタンパク質であり、かつ吸収されやすい形状をしていることから、髪の毛の栄養となるタンパク質を体内に豊富に摂りこむことで、髪の毛の栄養不足を補うことができるので薄毛改善に役立ちます。

「養殖昆布仮根エキス」はフコイダンを含むので、髪の毛の育成に欠かせない線維芽細胞分裂因子FGF-7を増やすことがわかっています。

このFGF-7が増えることで、簡単に言えば「髪の毛を生やせ」という命令がたくさん出ることになりますから、毛根での細胞分裂が活発になり、多くの髪の毛を育毛できます。

最後に「菊芋」ですが、菊芋は中性脂肪値を下げる成分として知られ、血行不良を招く中性脂肪を下げることは頭皮の健康や若返り、そして最終的には血行不良の改善が期待できると考えられます。

どれくらいの期間を服すれば効果が現れる?

「gungun(グングン)」はサプリメントであり薬のような強い効き目のあるものではないので、定期購入で3回の継続が勧められていることから最低でも3ヶ月ほどは続けるべきでしょう。

個人差はありますが口コミなどを見るとおよそ3ヶ月~半年くらいで効果が感じられることが多いようです。

「gungun(グングン)」に含まれる成分は、男性ホルモン抑制・血行改善・頭皮環境改善や育毛促進効果のある成分などにより、総合的に育毛が期待できるサプリメントであると考えられます。

コメント