過剰な飽和脂肪酸が薄毛やハゲの原因?どれくらいの摂取量なら大丈夫?

スポンサーリンク

飽和脂肪酸とは脂肪酸のことですが、過剰に飽和脂肪酸を摂取することは薄毛やハゲを引き起こす可能性があります。

特に最近では欧米化してきている食生活の中で欠かせない食材、「肉」「牛乳」「バター」「チョコレート」などの油分に含まれ、日本人でも飽和脂肪酸による不健康の助長が懸念されています。

世界保健機関WHOなども飽和脂肪酸の摂取が心筋梗塞など心血管疾患のリスクを高めることを示唆し、懸念しています。

そして気づいた人もいるでしょう。

心血管疾患のリスクを高めるということは、つまり基本的な症状として血流が悪化します。

ということは血行不良による薄毛や脱毛が引き起こされる可能性もあるのです。

食品に含まれる脂肪分の多くは中性脂肪でグリセリン

食品にも数多くのものに飽和脂肪酸は含まれています。

そして食品に含まれている飽和脂肪酸は、そのほとんどが中性脂肪でグリセリンに脂肪酸が付着したようなものなのです。

つまり、簡単に言えば食品の飽和脂肪酸を摂取することは、中性脂肪とその材料を食べているようなものなのです。

中性脂肪値が体内で向上することは、血中の悪玉コレステロールの増加を招きます。

そして血中の悪玉コレステロールは酸化して血管にへばりつき、血流を悪化させます。

このような仕組みで血流が悪化すると、頭皮の毛細血管はその影響を受けやすいので、1つ1つの毛穴に血液が十分に送られません。

血液が不足した毛穴の毛乳頭や毛母細胞の働きは弱まり、成長期の髪も早めの段階で退行期に入って抜け落ちてしまったり、髪の成長がストップしてしまって薄毛を招くのです。

飽和脂肪酸を取りすぎる薄毛

飽和脂肪酸を摂取しすぎるということはまず肝臓細胞のLDL受容体を減らすことになり、KDKが処理されにくくなることでLDLコレステロールが増え、血液の循環が悪化して薄毛へとつながります。

まず、飽和脂肪酸を摂取するということは、総コレステロールの多い食事を摂取することになります。

LDL受容体はリポタンパク質レセプターとも呼ばれ、簡単に言えばこのLDL受容体が中性脂肪や悪玉コレステロール値の代謝をコントロールして、余分なものは代謝して排除してくれます。

しかし多くのコレステロールを食事から摂取すると、LDL受容体は消費されていくので減っていき、肝臓内で処理しきれなくなったコレステロールは血中に保存されるようになります。

しかしこの時、活性酸素などにより酸化されるなどして悪質性の増したコレステロールが血液にへばりつきます。

へばりついた悪玉コレステロールはなかなか除去できず、どんどん溜まってしまうと血流を悪くします。

血流が悪くなるということは、その影響を受けやすい頭皮ではどんどん毛穴に血液が届かなくなることを意味しています。

すると毛穴には十分な栄養や酸素が届かなくなり、薄毛や脱毛の原因となるのです。

勘違いはダメ!飽和脂肪酸を吸収することは悪いわけではない

では飽和脂肪酸をまったく摂取してはいけないのかと考える人もいますが、それは大きな間違いです。

確かに、飽和脂肪酸によって作りだされる悪玉コレステロールや中性脂肪は、現代の食生活では悪い影響が多いイメージがありますが、もともとは体に必要なものを体内に効率よく蓄積するシステムです。

多すぎなければある程度蓄積することで、何らかのことで食べ物が食べられなかったり、飢餓の危険にある時などには蓄積されたエネルギーを使用できます。

体のあらゆる機能を維持し、コントロールするのにも必要なものなので、バランスよく維持することが大切です。

飽和脂肪酸を含む肉や牛乳、チーズやココナッツ、パーム油などの食品には触れることも多くなってきていますが、これらをまったく摂取しないことも不健康の原因なのです

1日の摂取量を意識!

飽和脂肪酸を適度に摂取することは健康維持に欠かせませんが、残念ながら現在の食生活においては摂りすぎることのほうが多くなっています。

1日にどれくらいの飽和脂肪酸を摂取できるのかを意識し、摂取量を守って摂ることが大事です。

飽和脂肪酸の摂取目安量ですが、性別や年齢に応じて変化することの多い目安ですが、飽和脂肪酸に関していえば、18歳以上の全ての世代、性別において7以下を目標とすることが望ましいとされています。

そして18歳未満である場合には、指標はないものの体の大きな成人に比べると少なめであるほうが良いと考えられます。

飽和脂肪酸は動物性の油に多く含まれている

飽和脂肪酸が多く含まれる食品・食材は、「ラード」「ヘッド」「脂身」「鶏の皮」「バター」「生クリーム」「硫黄」など、動物性の脂質に多く含まれることがわかります。

乳製品も動物性脂質を多く含むので、脂質が気になる人は低脂肪のものを飲むようにすると摂取量を抑えられます。

また、油を使用する際も使用量を減らすこと、肉を焼く時もラードの部分などはキッチンペーパーに浸みこませて取り除き、なるべく脂質を摂りすぎないように工夫して料理すると良いでしょう。

意外と盲点になるのがケーキやチョコレートです。

ケーキやチョコレートには飽和脂肪酸を含む生クリームや脂質がたくさん含まれています。

しかし肉と異なり脂っぽいと思いながら食べていないので、脂質だと気づかずに食べ過ぎる傾向があるのです。

また、ケーキやチョコレートは肉や牛乳などと比べ、飽和脂肪酸を多く含むだけでなくそれ以外の栄養素に乏しい傾向があります。

一日の摂取目安量をきちんと守って、バランスよく摂取することが重要です。

パーム油・ヤシ油・カカオ油など一部の植物性油脂にも含まれている

動物性油脂に多く含まれると思われがちな飽和脂肪酸ですが、パーム油やヤシ油、カカオ油など植物性油脂にも含まれることがあります。

もちろん、摂取しすぎなければこれらの植物性油脂も問題ないのですが、やはり摂りすぎはカロリーも高すぎますし、飽和脂肪酸の摂取しすぎで、中性脂肪を体に溜め込む原因となります。

パーム油やヤシ油、カカオ油などを使った料理をする時も、使用量をなるべく少なくするなどの工夫を怠らないようにしましょう。

まとめ

飽和脂肪酸の過剰な摂取は、中性脂肪や悪玉コレステロールの増加を招くので、血流を悪くし、薄毛や脱毛を招きます。

現代での欧米化した食生活で摂取しがちな食品に、多く飽和脂肪酸を含むので、ある程度制限した食生活を心がけることで、血流悪化による薄毛を防げます。

ただし、必ずしも飽和脂肪酸が悪いというわけではなく、飽和脂肪酸にも役割があり、適度に適量を摂取することは健康維持のためにも欠かせません。

特に若いころに飽和脂肪酸の摂取を制限してしまうと、体の基礎ができる前に栄養が足りなくなるので、成長に害を及ぼす可能性があります。

飽和脂肪酸をきちんと摂取し健康を維持することも、薄毛や脱毛を防ぐ為にはやはり大事です。

そのことを念頭に置きながら、健康的な体・血流を維持できるような食生活を心がけて薄毛を予防しましょう。

コメント