パントテン酸が皮脂を抑えることで抜け毛や脱毛の予防に効果

スポンサーリンク

髪の毛にとって必要な栄養素は一体なんでしょうか。

すぐに思い浮かぶのは、タンパク質、ミネラル、亜鉛などでしょう。

ではパテント酸が髪の毛や頭皮にどんな効果があるかをご存知でしょうか。

健康な髪の毛や頭皮環境を維持するためには、様々な栄養素をバランスよく摂取することが大切です。

ではパテント酸とはどのような栄養素でしょうか。

ストレスに強い身体を作るためになぜ必要でしょうか。

パテント酸を摂取するためにおすすめの食品と併せて詳しく調べてみましょう。

パントテン酸とは?

余り聞き慣れない名前ですが、パテント酸とはビタミンB群の一種で髪の毛の生成や育毛はもちろんのこと、健康維持には欠かすことのできない栄養素です。

色々な野菜にも含まれている栄養素ですが、水溶性や熱に弱いという特性があるため水洗いをしたり調理をすることで失われてしまいます。

パテント酸には、糖質・脂質・タンパク質の代謝を促進させます。

また善玉コレステロール値を増やすことで、体内のコレステロールのバランスを整えます。

パントテン酸が皮脂の代謝・抑制にもかかわる

ではなぜパテント酸が頭皮や髪の毛に効果があるのでしょうか。

その理由の1つはビタミンCの働きをサポートするからです。

ビタミンCは髪の毛の潤いに欠かせない栄養素です。

またタンパク質を合成する際にも必須となります。

「ビタミンCはお肌にいい!」と聞いたことがあるでしょうか。

頭皮も肌の一部なので、ビタミンCは頭皮環境を整える働きも期待できます。

特に皮脂の代謝や抑制を促します。

皮脂の代謝が悪くなったり、過剰に分泌されるとどんな状態になるでしょうか。

毛穴に皮脂が詰まり、シャンプーなどでもとれないため徐々に炎症が生じます。

また脂っぽい頭皮環境になると雑菌なども増殖してしまうため、髪の毛にとっては最悪の環境となってしまいます。

育毛のためには、まず土台となる頭皮環境を整えなくてはいけません。

パテント酸を効率的に摂取することで、健康的な髪の毛を育てるための頭皮が徐々に整います。

パントテン酸が副腎皮質ホルモンの働きが活発

抜け毛が多くなる原因の1つにストレスがあります。

毎日の忙しい仕事や人間関係、環境の変化などで過剰にストレスを受けると急に抜け毛が多くなります。

なぜでしょうか。

ストレスを感じると体内では自律神経の中でも交感神経が優位になります。

この状態では、身体が緊張状態にあるため血管も収縮してしまいます。

その結果として血液循環が悪くなってしまいます。

血液と育毛は切っても切れない関係にあります。

髪の毛が成長していくために必要とされている栄養素や酸素などのほとんどは血液で頭皮に運ばれていきます。

血液によって供給される栄養素を毛乳頭細胞が受け取り、毛母細胞へ供給し活性化を促します。

つまり血圧が上がり、血流が悪くなると必然的に供給できる栄養素や酸素量も減少してしまいます。

パテント酸にはストレスを緩和させ血液の循環を改善する効果が期待できます。

ストレスを感じると体内では血糖値を上げ、エネルギーを増やすことで備えをします。

この時に働くのが副腎皮質ホルモンです。

このホルモンを合成するのに必要なのがパテント酸です。

そのためパテント酸は抗ストレスビタミンとしても知られています。

パテント酸によって副腎皮質ホルモンの働きが促進されるためストレスに耐えられる身体へと変化します。

そのためストレスを緩和させ、ストレスからくる脱毛も緩和させます。

1日あたりのパントテン酸の摂取量

成人男性の1日に摂取するパテント酸の目安は約5ミリグラムです。

余程の偏食や生活習慣が乱れていない限りは不足することのない栄養素です。

しかしパテント酸が不足すると、疲れやすい、食欲不振、便秘などの初期症状があります。

症状が進行すると頭痛、眩暈、動悸などになり、最終的には副腎皮質などの臓器不全になる危険性があります。

パテント酸は水溶性ビタミンの一種なので、過剰に摂取しても水に溶けて体外に排出されてしまいます。

そのため過剰摂取による症状の危険性はありません。

パントテン酸が含まれている食べ物

パテントとはギリシャ語で「どこにでも」「いたるところ」という意味合いがあります。

つまり私たちの身近なところにすぐある栄養素です。

特に多く含まれているのは、肉類ではレバーや鶏肉、魚介類ではイクラ、タラコ、ウナギなどです。

その他にも、キノコ類、納豆、卵にも含まれています。

パテント酸はコーヒー、紅茶などのカフェイン類、アルコール類などを摂取するとたくさん消費されてしまいます。

必要以上に心配することはありませんが、抜け毛が気になる場合には意識してパテント酸を取り入れましょう。

パントテン酸を吸収するのが難しい場合はサプリメント

どうしても毎日の食事でバランスよくパテント酸を摂取出来ない場合には、サプリメントも利用できます。

1日に必要なパテント酸や他の栄養素がバランスよく配合されているので、抜け毛対策として通常よりも多めに摂取したいときなどには助かります。

ただし臨床実験によって、パテント酸をサプリメントで長期的に多量に摂取すると、サプリメントに含まれている他の薬品や栄養素によって、下痢や吐き気などの副作用が発生する危険性もあります。

サプリメントで摂取する際には、摂取量を守りましょう。

まとめ

抜け毛は食生活や生活環境にも影響されます。

パテント酸はビタミンCの吸収を助け、頭皮環境を安定させるために必要不可欠な栄養素です。

またストレスに強い身体を整える効果もあります。

副腎皮質ホルモンの働きを活性化させることができるためです。

ストレスは血圧をあげ、循環器系に影響を及ぼすため髪の毛にとっては必要な栄養素が供給されなくなりマイナスです。

サプリメントでも摂取できますが、健康的な食生活を心がけることで必要なパテント酸を毎日摂取しましょう。

コメント