パントガールのサプリは効果はあるの?成分栄養はびまん症に効く?

薄毛で悩むのは男性だけではありません。

女性でもホルモンバランスが崩れることによって抜け毛に悩んでいる人が多くいます。

パトンガールは女性の抜け毛や薄毛の治療薬として開発された医薬品です。

男性であればミノキシジルタブレットやフィナステリドなどがありますが、配合されている成分などによって女性には使用がすすめられていません。

ではパトンガールにはどのような成分が含まれているでしょうか。

抜け毛に効果あるのはなぜか、詳しく調べてみましょう。

なぜびまん性脱毛症が薄くなる原因

びまん性脱毛症は、頭部の一部分だけではなく全体的に髪の毛が薄くなる脱毛症です。

男性女性のどちらにも発症する症状です。

抜け毛が増えるほかに、髪の毛のツヤやハリがなくなるなどの症状もあります。

びまん性脱毛症の原因にはホルモンバランスの乱れがあります。

女性であれば加齢とともに女性ホルモンが減少します。

またコラーゲンや皮脂量も減少するため頭皮が乾燥したり潤いがなくなり抜け毛が増えることも考えられます。

またストレスが過度にかかると、自律神経バランスが崩れてしまい血管収縮作用が常に生じます。

そのため育毛に必要な栄養素を供給できずに抜け毛が増えてしまいます。

その他にも喫煙、睡眠不足、過度なヘアケアなどもびまん性脱毛症になりかねません。

ビタミンB1が毛根の代謝活性を増加

女性用の育毛内服薬として有名なのがパトンガールです。

パトンガールには高濃度でビタミンB1が配合されています。

ビタミンB1には糖分をエネルギーへ変換して代謝を活性化させる機能があります。

では抜け毛とどのような関係性があるでしょうか。

ビタミンB1を摂取することによって、育毛に必要とされるエネルギーを生成できます。

髪の毛は頭皮の中にある毛母細胞が細胞分裂を続けることで成長します。

毛母細胞が細胞分裂をするためにはエネルギーが必要不可欠です。

ビタミンB1が不足するとエネルギー不足となり細胞を活性化させることができずに、髪の毛が細くなり最終的には抜け毛が生じます。

D-パントテン酸カルシウムをがストレス性の脱毛を軽減

抜け毛の原因の1つはストレスがあります。

ストレスによって自律神経のバランスが崩れていしまい、睡眠不足や高血圧などから抜け毛が増えてしまいます。

びまん性脱毛症もストレスから発症するケースも珍しくありません。

パトンガールに配合されているD-パントテン酸カルシウムには副腎皮質の働きを活性化させて副腎皮質ホルモンの生成をサポートする機能があります。

副腎皮質ホルモンは別名抗ストレスホルモンとも呼ばれています。

体の中では自動的に、ストレスに体が負けないように副腎皮質ホルモンを消費します。

しかし長期的に、もしくは過度のストレスが加わると副腎皮質ホルモンがなくなってしまいます。

D-パントテン酸カルシウムを摂取することで、副腎皮質ホルモンの生成をサポートしてストレスに強い体をつくります。

ストレス性のびまん性脱毛症には効果が期待できる成分です。

ケラチンが紫外線などの外部刺激を守る

ケラチンは髪の毛の形成には欠かせないタンパク質です。

なんと髪の毛の成分のおよそ85%はケラチンタンパク質です。

つまりケラチンが不足しては健康な髪の毛は形成できません。

髪の毛の形成に加えて、ケラチンには頭皮を紫外線から守る働きもあります。

皮膚は紫外線を受け付受けるとダメージを受けてしまいます。

頭皮も例外ではありません。

健康な髪の毛を育毛するためには、頭皮を健康な状態に守る必要があります。

ケラチンには頭皮環境を整える働きもあります。

薬用酵母(Vigar-yeast)と栄養分のつながり
パトンガールに配合されている薬用酵母は、ビール酵母を乾燥させて作られます。

タンパク質や消化酵素、さらにビタミンB群などの栄養素を豊富に含んでいます。

タンパク質やビタミンB群はどちらも育毛や頭皮環境を健康な状態に整えるためには大切な栄養素とされています。

髪の毛の根本から栄養補給して長くて太い髪の毛を育毛します。

薬用酵母は毎日の食事で摂取出来ない栄養素なので、パトンガールのようにサプリメントなどに含まれているものを摂取する必要があるでしょう。

L-シスチンが地肌や毛髪の栄養源となる

L-シスチンはL-システインと呼ばれるアミノ酸分子が2つ結合して形成されています。

髪の毛を形成するケラチンタンパク質の中でも最も含有量が多いアミノ酸がL-シスチンです。

L-シスチンには美肌効果や抗酸化効果、抗菌効果が期待できます。

これらはどれも頭皮環境を健康な状態に整えて、育毛を続けていくために大切な働きです。

パトンガールを摂取する他にも、毎日の生活で健康的な食事を心がけていればL-シスチンが不足する心配はありません。

牛乳、小麦、肉類に含まれています。

L-ケラチンによって、健康的な頭皮環境を整えて、最終的に育毛にも効果が発揮されます。

パラアミノ安息香酸が毛髪の色素沈着に効果

パラアミノ酸安息香酸もビタミンB群に含まれている栄養素です。

主な効果には抗酸化作用と白髪抑制作用があります。

紫外線などのダメージによって頭皮が酸化、つまり老化してしまうと髪の毛は次第に元気をなくしていきます。

パラアミノ酸安息香酸によってアンチエイジング効果があるので、頭皮の老化を防ぎ抜け毛も抑制します。

さらに白髪を予防する働きも期待できます。

上述したパントテン酸カルシウムの吸収を助ける役割もあるため、育毛効果に加えて白髪予防にも効果的です。

パントガールは医学的・研究的な根拠

パトンガールはこれまで世界唯一の女性用薄毛治療薬として開発され、様々な臨床実験によって効果が試されてきました。

ある実験結果では3ヵ月の使用で約70%の抜け毛が改善されるという報告もあります。

処方医薬品としても安全性が高く安心して使用できます。

ただし日本では未承認薬なので、薄毛治療をしている専門クリニックやインターネット通販などで購入する必要があります。

インターネット通販では安価で購入できるメリットもありますが、偽物が送られてくる可能性もあります。

初めてであればなおさら本物と偽物を見分けることはできないでしょう。

最初はコストがかかりますが、専用クリニックなどで診察してもらい処方してもらうことがすすめられています。

まとめ

女性用の薄毛治療薬であるパトンガールは、育毛や頭皮環境を改善するために必要な栄養素がバランスよく配合されています。

特に抜け毛の原因にもなりやすいストレスに対応できるように、D-パントテン酸カルシウムが配合されていることに注目できます。

さらにD-パントテン酸カルシウムの吸収をたかめるためにも、パラアミノ酸安息香酸も配合されています。

それぞれの成分が補い合いながら効果を高めています。

ただし治療薬を服用するだけでなく、今の生活習慣や食生活を見直してみることも大切です。

頭皮や髪の毛にダメージを与えるような習慣がないか確認しましょう。

せっかくパトンガールを服用しても生活習慣が乱れていれば効果も半減してしまいます。

コメント