育毛剤は髪や頭皮をタオル・ドライヤーで乾かした後にを塗り込む

スポンサーリンク

「育毛剤を使っているから大丈夫!」と考えて洗髪後に、髪の毛を自然乾燥させていませんか。

実は正しい方法で髪の毛を乾かさないと抜け毛の原因ともなることをご存知でしょうか。

そしてドライヤーを使って髪の毛を乾かすのは良くないと思われがちですが、正しい使い方で髪の毛のツヤやハリをアップさせることもできます。

そして正しい髪の乾かし方によって、今使っている育毛剤の効果も最大限発揮させることができます。

ではタオルとドライヤーを使った正しい髪の毛の乾かし方について詳しく調べてみましょう。

自然乾燥させると血行不良や菌増殖

洗髪後に面倒臭くて髪の毛をしっかりと乾かさないタイプですか。

夏の時期であればほっておいても自然に乾燥してくれるので問題ないように感じます。

しかし自然乾燥には以外にもたくさんの落とし穴があります。

髪の毛が濡れたままで過ごすと、頭皮が髪の毛によって冷えてしまいます。

その結果生じるのが頭皮の血行不良です。

頭皮の血行不良は抜け毛の原因ともされています。

頭皮を巡っている毛細血管は非常に細いため、想像以上に繊細です。

「髪の毛についている水分くらい大丈夫…」と感じるかもしれませんが、頭皮の毛細血管にとっては大敵です。

血行促進のためにもしっかりと髪の毛を乾かしましょう。

そして髪の毛が濡れた状態では雑菌が繁殖しやすい環境でもあります。

もしも寝るまで髪の毛が乾いていないと、枕と髪の毛が密着してしまいさらに雑菌が繁殖してしまいます。

雑菌の繁殖は頭皮の臭いやフケ、炎症などのトラブルの原因です。

頭皮環境が悪化するとヘアサイクルも狂ってしまうため、抜け毛も多くなります。

頭皮の臭いやフケが多くなっている場合には、洗髪後にしっかりと髪の毛を乾かしているかを確認しましょう。

タオルで髪を洗う場合はゴシゴシはNG

タオルを使って髪の毛を乾かす際にも幾つかの注意が必要です。

タオルでゴシゴシと一生懸命に頭皮や髪の毛を拭くのはNGです。

髪の毛のキューティクルはシャワー後には開いているため、余り強く拭いてしまうと擦れてダメージを受けてしまいます。

キューティクルはうろこ状に髪の毛に接着しているので、キューティクルが剥がれたり捲れたりして、ツヤやハリのある髪の毛が失われてしまいます。

それでタオルを使って乾かす時には、「拭く」よりも「吸水する」というイメージを持ちましょう。

髪の毛や頭皮に押し当ててギューッと水分を吸い取っていきます。

完全に水分を吸収できるわけではありませんが、この後にドライヤーを使うので問題ありません。

シャワーの後には、身体の水分を拭きとる前にまず髪の毛を吸水しましょう。

吸水するので、使うタオルの質や素材にも気を付けましょう。

マイクロファイバーや綿100%であれば吸水性に優れています。

ゴワゴワになっているタオルや不衛生なタオルは新しいタオルに交換しましょう。

ドライヤーで髪を痛めずに乾かす正しい方法

「ドライヤーを使うと髪の毛が傷む」と考えている人も少なくありません。

でも正しい方法でドライヤーを使えば、髪の毛を傷めることなく乾かして清潔で健康的な頭皮と髪の毛になります。

ドライヤーを使う前に、タオルを使って十分に髪の毛の水分を吸収しておきましょう。

濡れたままだとドライヤーを使う時間も長くなり、その結果髪の毛が傷んでしまいます。

70%程度はタオルで乾かし、仕上げをドライヤーでするイメージです。

ドライヤーの熱風が直接頭皮や髪の毛に当たるとダメージをうけるので、10~20センチ程度話して使いましょう。

また同じ部分に長時間当てるのも避ける必要があります。

髪の毛がまんべんなく乾くようにドライヤーを使いましょう。

ドライヤーは髪の毛に対して斜め45度からあてるようにします。

こうすることで、髪の毛のキューティクルを傷めることなく乾かせます。

髪の毛の真横だったり、下側からドライヤーの熱風をあてるとキューティクルが剥がれてしまう可能性もあるので避けたほうが賢明です。

ある程度髪の毛が乾いてきたら、途中で冷風に切り替えましょう。

熱風から冷風に切り替えることによって、髪の毛のキューティクルも収縮します。

頭皮が10%の水分が残るくらい

育毛剤を使っている人にとっては、ドライヤーで乾かしてから育毛剤を付けるべきなのか、ドライヤーを使う前に育毛剤を使うべきなのか悩みます。

正解は先にドライヤーで髪の毛を乾かすことです。

髪の毛が濡れている状態で付けると雑菌が繁殖してしまう可能性もありますし、シャワー上がりだと頭皮が火照ってるため育毛成分がしっかりと頭皮に浸透しないこともあります。

それでドライヤーで髪の毛を乾かす時にも最後には冷風に切り替えることで頭皮の火照りをとります。

頭皮が乾燥しすぎると毛穴が閉じてしまい、育毛成分が浸透しないので、頭皮に10%程度の水分が残っている状態でドライヤーでの乾燥は終了させます。

育毛剤を使う際には、頭皮に馴染ませるようにやさしくマッサージしながら浸透させましょう。

育毛剤を使ったあとは自然乾燥で乾かすこともできますし、ドライヤーの冷風で乾燥させることもできます。

ドライヤーを使う場合には、熱風や長時間の使用に気を付けしょう。

せっかくの育毛成分も蒸発してしまいます。

まとめ

髪の毛の乾かし方1つで頭皮環境や髪の毛のハリやツヤは大きく左右します。

抜け毛が多くなったと気にしている人は、まず正しい髪の毛の乾かし方を実践しているかを確認してみましょう。

自然乾燥や長時間のドライヤーなどしていませんか。

髪の毛や頭皮にとっていいと思って実践していることでも実はマイナスになっていることもあります。

基本的にはタオルで70%、ドライヤーで90%まで乾かしましょう。

育毛剤を使うならこのタイミングです。

最後の10%は自然乾燥もしくは冷風で仕上げます。

今日から正しい乾かし方で抜け毛対策をしてみましょう!

コメント