成分ラウリル硫酸系シャンプーが髪の表面を痛めてしまう理由とは?

スポンサーリンク

「毛穴の奥までスッキリ!爽やか!!」そんな謳い文句のテレビコマーシャルをみたことはありますか。

汚れがしっかりと洗えてよさそうですが、実は配合されている成分について調べると驚きの事実が分かります。

では毛穴の奥まで汚れを落とすようなシャンプーにはどんな成分が含まれているのでしょうか。

またなぜ頭皮や髪の毛にとって刺激が強いのが良くないのはなぜでしょうか。

ラウレス硫酸系成分の特徴について詳しくしらべてみましょう。

ラウレス硫酸系と石油界面活性剤の関係

「シャンプー」といっても、その種類は非常に豊富です。

その中でも頭皮に悪影響を及ぶ危険性があるとされているのが、石油系界面活性剤を使用している高級アルコール系シャンプーです。

そもそも界面活性剤とは、髪や頭皮についている脂や汚れを落とすために配合されている成分です。

水だけでは脂汚れをきれいにできないので、界面活性剤を配合します。

界面活性剤が頭皮に悪いのではなく、問題は原料が何かということです。

石油系界面活性剤はその名の通り、石油由来の高級アルコールを原料として作られています。

高級というのは含まれている炭素数のことで、炭素数が多いことで泡立ちや洗浄力が強くなります。

ドラッグストアなどで市販されているシャンプーのほとんどは石油系界面活性剤を配合してあるシャンプーです。

石油系界面活性剤が配合されている高級アルコール系シャンプーで洗浄成分とされているのが、ラウレス硫酸系の物質です。

最も多いのはラウレス硫酸ナトリウムでしょう。

この成分はラウリル硫酸ナトリウムよりも粒子が大きいことで皮膚に与える影響が少ないとされています。

しかし石油系界面活性剤の特徴ともなっている強い洗浄力と脱脂力ゆえに、頭皮や髪の毛に与えるダメージは大きいです。

ラウレス硫酸系の洗浄力が強すぎるためキューティクルに影響

髪の毛にもCMCと呼ばれる脂成分が存在します。

CMCがあることで、キューティクルが髪の毛に接着できます。

CMCがなくなるとキューティクルもなくなるのでバサバサの髪の毛になってしまいます。

ラウレス硫酸系が配合されているシャンプーを使用すると、頭皮だけでなく髪の毛に与える刺激も強いので注意が必要です。

ラウレス硫酸系には強い脱脂力があるため、脂汚れをきれいにできますが、髪の毛が必要としている脂成分まで洗い流してしまいます。

それがCMCです。

ラウレス硫酸系の粒子がCMC浸透してしまい、脂汚れと一緒にCMCまで洗い流してしまいます。

その結果髪の毛のキューティクルが取れてしまい、髪質が悪化してしまいます。

ラウレス硫酸系を使う商品メーカーが存在するのか?

頭皮にも髪の毛にも強い刺激があるラウレス硫酸系成分ですが、市販されているシャンプーのほとんどに配合されています。

その理由は極めて簡単です。

安価だからです。

しかも洗浄力も高く泡立ちが良いというメリットもあります。

ラウレス硫酸系が配合されている高級アルコール系シャンプーは、ドラッグストアやインターネット上で1,000円以下で販売されています。

さらに香料や添加物を加えることで、香りや使い心地がよくなっています。

頭皮への刺激が少ないということで注目されているのが、アミノ酸系シャンプーです。

洗浄成分に石油系界面活性剤を使っていないシャンプーですが、こちらの価格は市販のシャンプーの数倍することもあります。

1本5,000円以上する高級シャンプーまで存在します。

そのため、頭皮や髪の毛にとってはアミノ酸系シャンプーがいいとわかっていても、安く魅力的な高級アルコール系シャンプーが市販されています。

ラウレス硫酸の種類一覧

ではラウレス硫酸系成分でシャンプーに配合されることの多い幾つかの成分について詳しくみてみましょう。

ラウレス硫酸アンモニウム

ラウリルアルコールが原料となっているアニオン系活性剤です。

ラウレス硫酸ナトリウムよりは刺激が低いですが、洗浄力も強く頭皮が必要とする皮脂まで洗い流す危険性があります。

コンディショニング効果や洗い上がりのサッパリ感はありますが、刺激が強いので、乾燥肌やアレルギー肌、敏感肌の人にはおすすめできません。

ラウレス硫酸ナトリウム

代表的なラウレス硫酸系の洗浄成分です。

洗浄力の高さ、脱脂力の高さ、泡立ちの良さ、そして安さという魅力が多くあるためたくさんのメーカーで使用されています。

髪の毛や頭皮に浸透性は低いですが、刺激が強いことから乾燥や痒みが発生しやすいです。

ラウレス硫酸TEA

ラウレス硫酸ナトリウムの代用として使用されたり、一緒に使用される洗浄成分です。

やはりラウレス硫酸系特有の刺激の強さや洗浄力の強さがあります。

ラウレス硫酸系類が「含まれているか、含まれていないか」を調べるには?

シャンプーに配合されている成分については裏面に表記されています。

見分けるためには成分表記に「ラウレス硫酸…」もしくは「ラウリル硫酸…」という表記がないかを確かめましょう。

これは石油系界面活性剤を使用しているということです。

これまでは異常がなかったものの、長期間にわたって石油系界面活性剤が配合されているシャンプーを使うことで頭皮に与えるダメージが蓄積されている可能性もあります。

またラウリル硫酸系はラウレス硫酸系よりも粒子が小さいことから、頭皮に皮膚組織に浸透してしまう危険性もあります。

抜け毛が多くなってきたと感じる場合には、刺激の低いアミノ酸系シャンプーを試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

普段何気なく使っているシャンプーでも、配合されている成分を知ると驚きますね。

特に使用されている洗浄成分には注意が必要です。

皮脂量が多いと洗浄力の高いシャンプーで洗うとスッキリしまうが、意外にも必要な皮脂まで洗い流しているため更に脂っぽくなる可能性もあります。

頭皮の異常、抜け毛の増加、髪の毛の傷みが気になる場合には、まず使っているシャンプーの成分表示を確かめてみましょう。

コメント