マッサージシャンプーの基本的な流れで血行を促進!

スポンサーリンク

最近抜け毛が増えたり、髪の毛が薄くなってきたと感じますか。

まずできる薄毛対策は育毛剤を使うことではありません。

正しい洗髪の方法で髪の毛と頭皮を洗うことです。

今までの洗髪方法では汚れがしっかりと落ちていないかもしれません。

このマッサージシャンプーで洗髪をすることで頭皮環境が改善して、抜け毛を減らすことも可能です。

ではマッサージシャンプーの方法について調べてみましょう。

またシャンプーをする際に気を付けるべきポイントにも注目してみましょう。

髪を洗う前に、目の粗いブラシやクシ

正しいマッサージシャンプーは、髪を洗う前から始まります。

まずはブラッシングします。

ナイロンやプラスチック製のブラシでは静電気が発生してしまう可能性が高いです。

静電気は髪の毛を傷めてしまうので、出来るだけ獣毛のブラシを使うようにしましょう。

シャンプーの前にブラッシングをすることのメリットは何でしょうか。

ブラッシングをすることで、髪の毛についているホコリや汚れを取ることができます。

また頭皮についている角質も落とせます。

あまり頭皮にブラシをあててしまうと頭皮を傷めてしまうので注意が必要です。

またブラシを使うほどの長さがない短髪の人でも軽く手ぐしで髪の毛をとかすようにしましょう。

温湯で髪と地肌を濡らし皮脂やフケ

シャワーに入ってすぐにシャンプーをする習慣の人は多くいます。

でもマッサージシャンプーをする際には、シャンプーの前にしっかりと頭皮を濡らしましょう。

ここで気を付けるポイントはシャワーの温度調節です。

あまりにも温度が熱いと頭皮への刺激が強くなってしまいます。

また冷たすぎると皮脂や汚れを落とせません。

理想的な温度は40度前後でしょう。

ただシャワーを頭皮にかけるだけではなく、指の腹でかるく頭皮をマッサージをしながら汚れを落とすようにしましょう。

「1回目のシャンプー」指の腹で軽くマッサージ

まずは最初のシャンプーではブラシやシャワーの水圧だけでは落とせなかった汚れを落とすイメージを持ちましょう。

通常よりも少し多めのシャンプーをしっかりと泡立てて髪の毛に洗っていきます。

シャンプーを手に出してそのまま髪の毛につけるのはNGです。

泡立てて使うことで、シャンプーに配合されている髪をいたわる有効成分がはたらきます。

また浸透力もアップします。

まずあ髪の毛をメインに洗っていきますが、軽く頭皮をマッサージしていきます。

指の腹を使ってしましょう。

「2回目のシャンプー」100円玉ぐらいのシャンプー剤

2回目のシャンプーでは、頭皮をメインに洗っていくイメージです。

頭皮には想像している以上に皮脂汚れが溜まっています。

この汚れは軽くシャンプーしただけでは洗い流せません。

指頭部分を使って頭皮をしっかりとマッサージします。

毛穴の奥に詰まっている汚れや皮脂を取り除きます。

頭全体をまんべんなくマッサージしていきます。

マッサージをする際には爪をたてないようにも気を付けましょう。

爪が伸びている場合には切ってからマッサージシャンプーをする必要もあります。

爪で頭皮が傷つくと雑菌が入って炎症が起きる危険性があります。

頭皮環境を整える目的でするマッサージで、かえって悪化させないようにも気を付けましょう。

シャンプー剤が残らないように時間をかけて

マッサージシャンプーが終わったら、シャンプーが頭皮に残らないように十分に洗い流しましょう。

目安といわれているのは約3分です。

襟足や耳の裏などはシャンプーが残りやすい部分です。

ただシャワーを浴びてシャンプーを流すだけでなく、この時にも指の腹部分を使ってやさしくマッサージをしながらシャンプーを流していきましょう。

シャンプーの洗い残しがあると、毛穴に詰まりフケや痒みが発生します。

さらに悪いことに雑菌が残っているシャンプーを餌にして増殖してしまう可能性もあります。

こうした状態が生じると抜け毛が多くなってしまします。

またマッサージシャンプーをする際に使用するシャンプーの種類にも気を付けましょう。

すすめられているのは刺激が少ないアミノ酸系シャンプーです。

配合されている成分によっては、頭皮への刺激が強すぎたり、脱脂力が強く必要以上に皮脂を洗い流してしまうシャンプーもあります。

マッサージシャンプーの際には、できるだけ低刺激のシャンプーを使用するようにしましょう。

髪の損傷状態に応じてリンス剤やトリートメント材を使用

シャンプーの後にはリンスやトリートメントを使用して髪のダメージケアをしましょう。

リンスは主に髪の表面をコーティングしてコシやしなやかさをアップさせます。

トリートメントには髪の表面だけでなく、内側に浸透して必要とする栄養を供給する働きもあります。

通常はリンスを使い、髪の毛が傷んでいる時にはトリートメントを使用します。

洗髪後、乾いたタオルを頭にかぶせて水分をふき取る

洗髪が終わったら、清潔なタオルで水分を拭きとりましょう。

この時にもゴシゴシとタオルで頭皮をこすってしまわないように気を付けましょう。

また何度も使っているタオルで頭皮を拭くとせっかくきれいになっている頭皮に雑菌がついてしまいます。

なるべく乾いた清潔なタオルを使用しましょう。

シャワーの後にも指の腹を使ってやさしく頭皮マッサージをすることで血行を良くしましょう。

最後に育毛剤を使えば有効成分がしっかりと頭皮に浸透して育毛効果もアップします

まとめ

忙しい毎日だと、なかなか洗髪に時間をかけられないかもしれません。

しかし洗髪の方法によって頭皮環境を改善して抜け毛を減らすこともできます。

もしかすると抜け毛の原因はシャンプーの種類や方法にあるかもしれません。

今一度使っているシャンプーを見直してみましょう。

そしてぜひマッサージシャンプーで、抜け毛対策をしましょう。

コメント