ジェンヘアーミノキシジル15%とポラリスシリーズどちらが良いの?

ミノキシジルが高濃度に配合されてる商品は、海外、特にアメリカでいくつかの製品が出されてます。

定番となっていいる人気商品もありますので、高い育毛効果を期待するのであれば、そうした製品の中から選んで個人輸入によって入手できます。

それぞれの製品に違いがありますので、個性と特徴を把握した上で商品を選ぶようにしましょう。

そもそもジェンヘアーとは?

ジェンヘアーはアメリカのヘルスケアメーカーが製造、販売している育毛剤で、ミノキシジルを15%配合しているという特徴を持っています。

ミノキシジルはより濃度が高い方が効果が出やすいという特性がありますので、ジェンヘアーはその点で大きなアドバンテージを持っています。

日本において最も普及しているミノキシジル製品はリアップですが、ミノキシジルの濃度は5%となっています。

それに比べると3倍の濃度を持っていることになります。

もちろん、単純に3倍の効果があるという意味ではありませんが、より効果を実感できるのが早く真剣に育毛を考えている人にはもってこいの商品と言えるでしょう。

また、ジェンヘアーはとてもリーズナブルでコストパフォーマンスに優れているという利点がありますので、気軽にミノキシジルを試せるというのも人気がある大きな理由と言えます。

ミノキシジル15%が毛母細胞を活性化

ジェンヘアーの主要成分はミノキシジルです。

この成分は、毛包に直接作用することで、育毛を促進するという効果があります。

ミノキシジルを頭部に塗ることによって、髪の毛の成長をつかさどっている毛包、毛乳頭細胞に浸透して、細胞の活性化を刺激します。

それによって、より活発に毛髪の成長活動を行うようになりますので、髪の毛が長くなり丈夫になるという効果が生まれています。

さらに、活動を休止している毛根に成分が浸透することによって、再び活動が行われるようになりますので、薄くなっている部分にも髪の毛が生えてくることになります。

発毛効果が認められていますので、薄毛を改善するのに大きな助けとなります。

そして、ミノキシジルは血管を拡張するという作用があります。

頭皮に塗ることで、頭皮の下にある毛細血管を流れる血液がさらに多くなることになります。

それによって酸素と栄養分を運ぶ血液がより毛母細胞に送られることになり、毛根での毛髪成長や再生がより活発になされることになります。

こうしたダブルの効果によって育毛を強力に促進できるのがミノキシジルの力と言えます。

ミノキシジル15%は他にもポラリスNR-09・NR10が販売

ミノキシジルの配合濃度はたいていの商品で5%となっています。

世界中で人気のあるロゲインや、日本で最も売れているリアップも5%配合となっています。

そのため、15%もの高濃度の製品はあまり多くありません。

ジェンヘアーの他には、ポラリスシリーズがあり、NR-09やNR-10が15%濃度となっています。

ジェンヘアーとポラリスにはいくらかの違いがあり、添加物の違いから使用感の差や、ミノキシジル以外に含まれている有効成分に見られます。

こうした差が、価格の差にも出てきますので、それぞれの製品の特長の違いを見て自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

価格のことを考えるならジェンヘアー、育毛成分のことを考えるならポラリスシリーズ

ポラリスシリーズとジェンヘアーの差の大きな点として価格の違いがあります。

個人輸入代行業者によっても違いますが、ジェンヘアーは3,000円台、ポラリスシリーズは6,000円台となっていて、実に倍近い価格の差があります。

ミノキシジルは育毛に高い効果をもたらしますが、使用を中止すると再び薄毛が進行してしまいます。

また、しっかりとした効果が出るまでは最低で三か月、長くて6か月くらいの期間が必要となります。

長期間の使用が前提となる薬ですので、この価格の差はずっと続けられるかどうかを決める基準となり、大事なポイントとなります。

価格という面で考えると、やはりジェンヘアーに軍配が上がります。

しかし、ポラリスシリーズには、ジェンヘアーにはないメリットがあります。

それは、ミノキシジル以外の有効成分がいろいろ含まれているということです。

アデノシンなどの育毛をサポートする成分が含まれていて、ミノキシジルの効果をさらに押し上げてくれます。

DHTの働きを抑えて、脱毛の根本原因から無くしてくれるという成分もありますので、育毛成分とそれによる効果の確かさということであればポラリスシリーズとなります。

他のミノキシジルと比較して匂いはない

ジェンヘアーの特徴は、使用感がとても良いということです。

ポラリスシリーズでは、黄色の液体で臭いがあるというデメリットがあります。

そのため、朝出かける前に付けると周りに臭いなどの点で迷惑をかけることがあります。

そのため夜寝る前に付けることが多くなりますが、黄色の液体ですので、枕が黄色に染まってしまうという可能性があります。

その点、ジェンヘアーは臭いもなくさらっとした液体ですので使いやすいという利点があります。

一方で、ミノキシジルが高濃度で配合されていることに伴うトラブルが生じることがあります。

ミノキシジルはアルコールなどの添加物に溶けにくいという性質があり、高濃度になると固まりやすいというデメリットがあります。

そのため、頭部に塗った後アルコール分が揮発すると、さらにミノキシジルの濃度が高まり、固まってしまいます。

べとつきが出てきて、その後ゴワゴワ感が出たり白い粉となって髪の毛についたりします。

こうした点に注して使用を続けるようにしましょう。

まとめ

ジェンヘアーは、ミノキシジルを15%の濃度で配合した製品です。

価格が安く同じ濃度のポラリスシリーズよりも半額程度で入手できます。

一方で、ジェンヘアーは育毛成分はミノキシジルとなっていて、他に有効成分はあまり含まれていません。

ポラリスシリーズは価格が高い分、10種類程度の育毛成分が含まれているので、高い育毛効果を狙えます。

コメント