ミノキシジル5%育毛剤ロゲイン・リアップ・カークランド選び方

薄毛治療に効果のある薬として最も使用されているものの一つはミノキシジルです。

日本では濃度の高いものは医師の処方が必要ですが、濃度の低いものは処方箋なしでもドラッグストアなどで購入できます。

また、海外製品は個人輸入という形でも入手できます。

それぞれの違いを見ることで、より安全かつ効果的に使う方法を知ることができます。

ミノキシジル濃度5%の育毛剤

「ロゲイン・リアップ・カークランド」ミノキシジル濃度5%は同じだが、その他にもそれぞれの育毛剤に発毛を促す作用の成分が含まれている
ミノキシジルを配合した商品として世界的に有名でより多く販売されているのはアメリカの「ロゲイン」です。

また、同じ成分を持つ商品でさらに安く購入できるのが「カークランド」で、こちらも気軽に購入できるという理由から人気が高い商品となっています。

また、日本国内で正式に承認されて全国のドラッグストアなどで販売されているのが大正製薬の「リアップ」です。

こちらは、日本で初めてのミノキシジル配合商品として大変有名になり、薄毛治療に使っている人も多くいます。

これら三つの商品はどれもミノキシジルを配合していて、その濃度は5%です。

ミノキシジルは毛包に直接作用して、育毛または発毛を促進するという働きがありますので、どの商品でもこのミノキシジルが主要な成分となっています。

そのため、ロゲインやカークランド・ミノキシジルは、ミノキシジルに増粘剤であるアルコール系の添加物が含まれているだけで、特に他に有効成分は配合されていません。

しかし、リアップはIメントールやトコフェロール酢酸エステル、パントテニールエチルエーテルが有効成分として追加されています。

メントールは頭皮に清涼感を与えるもので、パントテニールエチルエーテルは毛細胞に栄養を届けるという役割を果たし、育毛を促進します。

トコフェロール酢酸エステルは、皮脂の酸化を防いでくれるという働きがあります。

皮脂が酸化すると頭皮の健康状態が悪くなってしまい、毛細胞の働きを弱めてします。

このように、リアップはミノキシジルの働きだけでなく、他の有効成分を配合することで、総合的な薄毛対策ができるようにしているのです。

価格の安さで選ぶなら個人輸入代行

ミノキシジルはAGA治療の効果がとても高く、薬として第一選択肢となります。

しかし、価格が高めというデメリットがあります。

そのため、より価格の安い海外製品を個人輸入して使う人が多くいます。

リアップは日本の製品ですが、ロゲインやカークランド・ミノキシジルはアメリカから取り寄せることになります。

ロゲインもカークランドも、リアップと比べるとかなり安いのが利点となります。

リアップが7,000円台で販売されているのに比べて、ロゲインは3,000円程度です。

さらに安いカークランドは2,000円程度、購入する場所やセット内容によっては1本あたり2,000円を切ることもあります。

こうしたことから、価格の安さで選ぶのであれば、カークランド・ミノキシジルが一番のおすすめです。

安いから品質に問題があるということではありません。

カークランドは日本でもおなじみのコストコのブランドで、コストパフォーマンスがとても良いというメリットがあります。

実際にアメリカでも、日本でも大勢の人が利用していますので、安心して使うことができます。

ただし、個人輸入ということになりますので、顧客対応などのサービスは受けることができなくなります。

信用性を考えるならドラックストア

価格は7,000円台と高めですが、リアップのリアップX5の売れ行きはとても安定しています。

やはり、日本製でどこでも手に入れられるという気軽さが受けています。

大正製薬のブランド力もありますし、安心できるという点が評価されていると言えるでしょう。

何かしらのトラブルがあったとしても、お客様窓口などに問い合わせることで対応が受けられるのがメリットです。

個人輸入した製品については、使用の際にトラブルが生じても完全に自己責任となりますので、心配が残ると考える人もいます。

そうした点を考慮すると、信用性、安全性という点で正規品のリアップX5を購入するメリットは高いものがあります。

個人輸入を代行する業者の中には悪質な取引をするところもあり、代金を納めても商品を送ってこなかったり、偽物の商品を送ったりするところがあります。

こうした点でも正規品であることが確証できるリアップの安心感は強いものがあります。

ミノキシジルは使えない人もいる

ミノキシジルはAGA治療に大きな効果をもたらすため盛んに使用されていますが、あくまで男性型脱毛症の薬ですので、女性は使用できません。

女性が使用するとホルモンぼランスの崩れなどを引き起こすことがあります。

ミノキシジル濃度が1%程度の低濃度のものに関しては、女性用の商品として販売されていることがありますが、通常の5%程度のものは女性には禁忌となります。

また、男性ホルモンに関係する作用を示すことがあるため、成長が未発達の20歳未満の人や、男性ホルモンに影響されない男性型脱毛症以外の薄毛には使用できません。

こうした使用できない人がいますので、ミノキシジルが合っているかどうかを購入前にしっかりと確かめて、無駄な副作用の影響を受けることがないようにしましょう。

特に個人輸入の製品を使う場合は、何らかのトラブルが生じても個人の責任となりますので、確実にチェックしてから購入することが重要です。

まとめ

ミノキシジルはAGA治療にとても有効な薬で、様々な製品に配合されています。

日本でドラッグストアなどで気軽に購入できるリアップや、アメリカのロゲイン、カークランド・ミノキシジルがあります。

ロゲインやカークランドはミノキシジルのみが有効成分ですが、リアップは頭皮の状態を整えるための有効成分が他にも含まれています。

価格の面ではカークランド、信用性の面ではリアップがおすすめです。

コメント