むくみ薬スピロノラクトンにFAGAを予防する効果「アルドステロン」

薄毛に効果のある薬もしくは成分は、かなり大雑把に分けると二つの種類となります。

一つは、血流を改善したり直接毛包に刺激を与えるなどして、育毛を促進するタイプのものです。

もう一つは、脱毛の原因となる男性ホルモンに関する働きを阻害するというものです。

スピロノラクトンは、そのうち男性ホルモンに関係する作用によって薄毛治療に効果があるとされています。

その作用を知ると共に、使用上の注意点を確認して安全な方法で活用するようにしましょう。

 

スピロノラクトンとは?薬品名にはどんな種類があるの?

スピロノラクトンとは、抗アルドステロン薬の一種です。

アルドステロンとはホルモンの一つは、体の中に水分をため込もうとする働きをします。

スピロノラクトンはこのアルドステロンの働きを阻害しますので、体内から水を排出する、つまり利尿作用があります。

また、スピロノラクトンは特に水と一緒にナトリウム、もしくは塩分を優先的に排出して、他のカリウムなどのミネラルをあまり排出しないという特徴を持っています。

こうしたことから、肝臓障害などによって引き起こされる腹水を減らすために、このスピロノラクトンが処方されるケースが多く見られます。

スピロノラクトンは成分の名称で、この成分を使った薬は複数あります。

アルダクトンAというのはオリジナルの製品で、他にもたくさんのジェネリック医薬品があります。

たとえば、「ノイダブル」、「スピロノラクトン錠 トーワ」、「スピロノラクトン錠 テパ」などが挙げられます。

こうしたジェネリック医薬品や、オリジナルの製品に比べると十数分の一の薬価となっていますので、かなり安価に入手できます。

スピロノラクトンを服用すると血圧下がり、高血圧

スピロノラクトンは、ホルモンの働きに作用する薬です。

特にアルドステロンというホルモンに強く作用します。

アルドステロンは、腎臓に働きかけて水分を再吸収する力を高めます。

同時にナトリウムもしくは塩分を再吸収します。

そのため、アルドステロンが多いと、体の中に水が溜まりやすくなりますし、ナトリウムも増えてきます。

このホルモンの働きを阻害することによって、様々な効果が生まれます。

一つは、水分が排出されるため利尿作用が生じるということです。

体内の水分を排出しやすくなりますので、内臓の障害によって生まれた腹水などを減らすために用いられます。

また、塩分もしくはナトリウムを排出できるようになります。

ナトリウムの再吸収が腎臓で行われると血圧が高くなるという作用が生じるため、スピロノラクトンを飲むことによって血圧を下げられるという効果も生まれます。

こうしたことから、スピロノラクトンは腹水の排出や高血圧などの患者に使用されることが多いのです。

スピロノラクトンが副腎皮質球状層でアルドステロンを阻害

スピロノラクトンの主な作用は、アルドステロンというホルモンの働きを阻害することです。

それに伴って同じホルモンであるDHT、ジヒドロテストステロンの働きも阻害します。

ジヒドロテストステロンの受容体に結び付く力が強いため、このDHTの働きがうまく行われないようにすることができるのです。

DHTは毛包に固着すると脱毛信号を発して、脱毛を促進しますので、スピロノラクトンの服用によってDHTの働きが抑えられると脱毛も減るのです。

さらに、スピロノラクトンは、DHTの原料ともなるテストステロンという男性ホルモンを女性ホルモンに変換する働きを促進させたり、テストステロンを減らしたりする働きがあります。

そのため、脱毛因子の元となる男性ホルモンが少なくなって、より脱毛の根源が抑えられることになります。

こうした複合的な作用によって、脱毛を防止することができるという大きなメリットを持っています。

副作用で乳首の腫れや痛み

このように、スピロノラクトンはDHTの合成を阻んだり、その働きを阻害するために脱毛を防止できるという大きな力を持っています。

一方で、スピロノラクトンの服用に伴う副作用もありますので使用には注意が必要です。

スピロノラクトンは、男性ホルモンであるテストステロンを減少させる作用があります。

そのため、体内のホルモンバランスが女性ホルモン優位に働きます。

また、テストステロンが女性ホルモンであるエストロゲンに変換されるのを促進するという働きもします。

こうしたことから、急速に体内で女性ホルモンが優位になって、様々な症状を引き起こすのです。

具体的には乳首の腫れや痛みが生じますし、乳房が大きくなってくることもあります。

さらに、スピロノラクトンはナトリウムの排出を促すものの、カリウムを保持するという特徴を持っています。

結果として血中のミネラルバランスが崩れてしまい、カリウム過剰による不整脈を引き起こすリスクもあります。

こうしたことから、スピロノラクトンを服用する時には、必ず医師の指導の下使用するべきだと言えます。

スピロノラクトンと飲み合わせで副作用

スピロノラクトンはいくつかの薬と併用すると副作用が出ることがあります。

同じタイプの薬であるエププレノンと一緒に飲むと、血圧が急激に下がる可能性があります。

また、アリスキレンやACE阻害薬などの飲み合わせは避けるべきで、高カリウム血症が生じるリスクを高めることになります。

さらに、抗がん剤のミトタンや免疫抑制剤のタクロリムスなどとの飲み合わせも避けるべきです。

狭心症の治療薬としても用いられるジギタリスを飲んでいる場合は、スピロノラクトンを飲むと血圧が急激に変動するなどの影響が出ることがありますので十分な注意が必要です。

こうした薬の他に注意すべきなのが、アルコールの摂取です。

スピロノラクトンとお酒を同時に飲むと、めまいや立ちくらみが起きやすくなることが報告されています。

スピロノラクトンを入手方法は病院か個人輸入

スピロノラクトンは基本的に医師の処方がないと購入することができない薬です。

そのため、薄毛治療をするのであれば、まずAGA治療を専門とするクリニックもしくは病院の外来に行くのがベストです。

海外製品を個人輸入という形で入手することができます。

しかし、上記の通りスピロノラクトンはいくつもの副作用を起こす可能性があります。

個人輸入でスピロノラクトンを買って使用した場合は、副作用などが生じても完全に自己責任となりますので、慎重な服用が求められます。

個人輸入で入手するという方法は、病院で買うよりも安い製品を手に入れられるというメリットがあります。

そのため、もし個人輸入するのであれば、少なくとも治療初期にクリニックに行き、薬による副作用などがないかを確認してから使う方が安全でしょう。

まとめ

スピロノラクトンはホルモンの働きを阻害するという作用を示します。

本来は体内の水分やナトリウムを選択的に排出するという目的のために用いられます。

しかし、脱毛因子であるDHTの働きを阻害することから、脱毛防止にも効果を示します。

女性ホルモンが優位になるため、様々な副作用が生じるリスクがあります。

使用には慎重な観察と、医師の指導が必要となります。

個人輸入をして服用する場合は特に注意しましょう。

コメント