清涼飲料水に含む合成甘味料が薄毛の原因「カルシウムと血液の関係」

スポンサーリンク
薄毛の原因

薄毛の原因も様々ありますが、その中の1つとして、合成甘味料が薄毛の原因となりうると言われています。

合成甘味料といえば、清涼飲料水など、身近な存在のものに含まれている成分です。

口にしやすいものに、薄毛の原因があるなんて、驚く方もいるのではないでしょうか。

実は、合成甘味料は薄毛の原因となりうることもあり、またカルシウムと血液は密接に関係にしているのです。

ちょっとだけ合成甘味料について

「合成甘味料」と聞くと、「砂糖とはなにが違うのか」と疑問を持つところです。

「食べると甘味を感じる」という点では同じです。

しかし、合成甘味料は人工的につくられたものです。

食品には存在しない甘味料を人工的に生成しているので、人工的な合成を加えていない砂糖とは、全く異なります。

合成甘味料は、カロリーゼロをうたっている商品や、低カロリーの商品、糖類ゼロをうたっている商品に多く含まれています。

この合成甘味料があるからこそ、カロリーゼロや糖類ゼロの商品でも、あまみを感じるのです。

したがって、人工的に合成した合成甘味料は、私たちの生活の中で、定番のものとして根付いています。

合成甘味料が薄毛と関係するわけ

合成甘味料は、様々な商品に含まれていますが、なかでもジュースや清涼飲料水に含まれていることが多いです。

カロリーゼロなどをうたっているのは、清涼飲料水に多いからです。

普段から口にしやすい商品に含まれているということは、普通に飲むだけでは特に悪いことが起きることはありません。

しかし、1日の摂取量の目安を超えて、過剰に合成甘味料を飲むと、様々な影響を与えます。

合成甘味料を過剰に摂取すると、カルシウム障害を引き起こすことがあります。

カルシウム障害とは、骨や血液中に蓄積されているカルシウムが必要になるくらい、カルシウムが奪われることをいいます。

合成甘味料は、ミネラルやビタミンなどの栄養素を持っていない酸性の食品です。

そのため、合成甘味料を摂取すると、この酸性を中和させようとして、からだの中に蓄積されているカルシムを消費します。

カルシウムが足りない場合には、それを補おうとして、骨に存在するカルシウムを溶かしてまでも、中和を行います。

したがって、合成甘味料を過剰に摂取すると、からだがカルシウム不足の状態となります。

カルシウム不足になると、髪の毛を生成する力が弱まります。

髪の毛を生成するためには、髪の毛を生成するための栄養分が血液によって頭皮まで運ばれてくることが必要ですが、カルシウム不足になると、それができなくなります。

なぜなら、カルシウム不足になって骨組織が弱まることで、血液をつくるのに必要な骨髄液が減少するからです。

そのため、栄養をたっぷり含んだ血液が頭皮まで運ばれず、薄毛となります。

どれくらいなら甘味料は大丈夫なの?

人工甘味料は、絶対に摂取しなければならないものではないので、必要摂取量は決められていません。

しかし、過剰に摂取すると危険との認識はあるので、1日の許容摂取量は目安としてあります。

許容摂取量は、人工甘味料の種類によって異なります。

まず、定番のアスパルテームは、50mg/kg・体重です。

体重が50㎏の方であれば、2.5gまでです。

次に、スクラロースの場合には、5mg/kg・体重なので、体重が50kgの方であれば、250mgまでです。

そして、アドバンテームの1日の許容量は、5mg/kg・体重です。

したがって、スクラロースの場合と同様です。

え?清涼飲料水にも含まれている?

合成甘味料が含まれている清涼飲料水といえば、カルピスのカルピスソーダです。

カルピスのカルピスソーダには、アスパルテームやスクラロース、アセスルファムカリウムが含まれています。

スタンダードなカルピスには入っていないようですが、カルピスの原液を薄めて飲むタイプでも、フレーバータイプのものには、合成甘味料が含まれていることがあります。

キリンのメッツも合成甘味料が含まれている清涼飲料水です。

アセスルファムカリウム、スクラロースが含まれています。

さらに、トクホのコーラにも合成甘味料が含まれています。

トクホだからといって、たくさんの量を飲んではいけない典型例です。

トクホのコーラには、アスパルテームやアセスルファムカリウム、スクラロースが含まれています。

【注意!】カロリーゼロ・カロリーオフは騙されるな!

合成甘味料は、「カロリーゼロ」や「カロリーオフ」を謳った清涼飲料水に含まれていることが多いです。

なぜなら、合成甘味料には、ほぼカロリーがないからです。

つまり、甘味を感じながらも、カロリーがほぼないので、罪悪感がありません。

しかし、カロリーオフだからといって、過剰に飲んで良いわけではありません。

合成甘味料は、薄毛を促進するだけではなく、カロリーはゼロでも血糖値はあがるので、糖尿病を促進したり、肥満を促進したりします。

そのため、ダイエットを目的にカロリーゼロの商品を選んでいても、それを摂取しすぎてダイエットできなくなることもあるのです。

したがって、カロリーゼロの商品であっても、合成甘味料の含まれている場合には、注意が必要です。

まとめ

合成甘味料を摂取しすぎると、薄毛を促進することはすでに広まりつつあります。

したがって、現在は薄毛で悩んでいない方でも、合成甘味料の入った食品を口にすることが多い場合には、その量を減らすなどして、薄毛になることを予防する必要があります。

日頃から、自分が口にするものの成分に対して少しの注意を払うだけで、薄毛もその他の病気も防げるものばかりなので、今日から実行しましょう。

コメント