ニンニクエキス成分の育毛効果が毛母細胞活性化で髪の成長を高める

スポンサーリンク

疲労回復にはニンニクが一番です。

ニンニクに含まれている栄養素で疲れた体も元気になって、風邪対策にも効果があります。

でもニンニクのパワーはそれだけではありません。

なんと抜け毛予防、そして育毛効果も期待できるスーパー食材です。

ではニンニクに含まれているどんな成分が抜け毛予防にも効果があるのか、育毛に効果があるのはどんな食べ方なのか調べてみましょう。

ニンニクには「疲労回復・動脈硬化・免疫力」高める働き

ニンニクを食べることで「疲労回復」できるのは、ニンニクにアリシンという物質が含まれているためです。

アリシンは元気促進栄養素でもあるビタミンB1と結合することでアリチアミンになり、吸収率を高める働きがあります。

またビタミンB1という形では体内に貯蔵することができないため、吸収されなかったビタミンB1は水溶性ビタミンとして体外へ排出されてしまいます。

しかしアリチアミンになることで、脂溶性ビタミンに変換され体内に残り糖質をエネルギへと変える働きを担います。

そのため疲労回復に効果があります。

ニンニクを食べることで「動脈硬化」の予防にも効果があります。

それはチルアリルトリスルフィドやアホエンというイオン化合物がニンニクに含まれているためです。

こうした成分は血小板凝集作用があります。

血小板は血が出た時に固める働きを持つ重要な物質です。

しかし血小板が集まると血栓ができてしまいます。

そして血栓が多くなりすぎると、徐々に血液がドロドロになり動脈硬化の原因にもなります。

ニンニクには血液サラサラ効果もあります。

アリシンには殺菌・抗菌効果もあるため「免疫力」を高めるにも役立ちます。

さらに抗ウイルス作用も備わっているため、風邪やインフルエンザを予防することもできます。

S-アリルシステインが髪の成長期を伸ばす

S-アリルシステインとはニンニクに含まれているアミノ酸の一種です。

このアミノ酸には体内でIGF-1という成長因子を増やす効果があります。

IGF-1は体内全体で増加しますが、特に毛乳頭細胞付近で生成されたIGF-1 は毛乳頭細胞に接している毛母細胞を刺激して活性化する働きがあります。

髪の毛が成長するためには、髪の毛の根本にある毛母細胞が活発に細胞分裂を繰り返す必要があります。

老化や生活習慣などが影響して毛母細胞が細胞分裂をしなくなると、髪の毛は成長できないため徐々にコシやハリがなくなり、最終的に抜け落ちてしまいます。

しかしIGF -1によって常に毛乳頭細胞が刺激されると、それに伴って毛母細胞も活性化を続けるため細胞分裂を長期間続けることができます。

この働きによってヘアサイクルの中でも髪の毛の成長期を伸ばすことができます。

このIGF-1 という成長因子は成長ホルモンの一つとして寝ている間に体内で分泌されます。

それで夜10時から夜中2時ころまでは質の良い睡眠をすることも必要です。

睡眠が薄毛の原因とされるのもこの要因が関係しています。

ニンニクエキスが含まれている育毛剤

ニンニクは食べても効果がありますが、ニンニクの根に含まれているエキスを抽出して育毛剤に配合して使うことも効果的です。

ニンニクエキスが配合さえていて人気のある育毛剤をご紹介します。

イクオス

有効成分61種類が配合されている育毛剤です。

ニンニク根エキスの他にも海藻エキスや天然植物由来成分から作られているため安全性の高い育毛剤です。

イクオスを使用して3ヵ月以内に約80%の人が効果を実感しています。

育毛効果だけでなく、ニンニク根エキスの持つ殺菌・抗菌作用で頭皮環境を整える働きもあります。

チャップアップ

育毛剤を使っている人であれば、一度は聞いたこのある名前ではないでしょうか。

チャップアップはニンニク根エキスを含む有効成分によって、血流を改善、頭皮の殺菌・抗菌によって抜け毛を予防します。

抜け毛予防と育毛が期待できる人気のある育毛剤です。

ボストン

こちらはニンニク根エキスが配合されている育毛サプリメントです。

ニンニク根エキスに加え得てノコギリヤシや亜鉛、イソフラボン、コラーゲンペプチドなど頭皮と髪の毛にとって嬉しい成分が詰まっています。

注射・点滴でも薄毛予防の効果

疲労回復の目的で「ニンニク注射」を打つ人もいます。

実際にはニンニクエキスを注射しているわけではなく、疲労回復に効果があるビタミンB1が成分に含まれている注射です。

臭いがニンニクのようなことから「ニンニク注射」と呼ばれています。

このニンニク注射は疲労回復だけでなく、薄毛予防にも効果があるとされています。

血行を改善し、毛乳頭細胞が必要とする栄養素や酸素を直接供給します。

また毛母細胞の活性化にも効果があります。

AGA治療の一環として「ニンニク注射」を使っているクリニックも多くあります。

値段は1本1,000~3,000円程度です。

生ニンニクを毎日のように食べても育毛効果は期待できるのか?

実はニンニクに含まれている栄養素などは熱に弱く、せっかく食べても余り効果が得られないということもあります。

それでニンニクの育毛効果を最大限引き出す食べ方は、生で食べることです。

すりおろしてお刺身などの薬味にして食べることもできます。

ただし刺激が強いため食べすぎには気を付ける必要があります。

胃腸を痛めてしまう可能性があります。

1日の摂取量の目安としては生であれば1片までにしておきましょう。

また生で食べると匂いが気になります。

殺菌作用のある緑茶と一緒に食べると、食べた後のニンニク臭対策にも効果があります。

まとめ

ニンニクは強い殺菌・抗菌効果があります。

また疲労回復、血流改善などの面からも抜け毛対策に効果があります。

体内では成長因子のIGF-1を増やす働きもあるため、毎日継続して食べることで効果を実感できる食品です。

育毛剤や育毛シャンプーを選ぶ際にもニンニク根エキスが配合されているかチェックしましょう。

ニンニクの食べすぎには気を付けながら、体も髪の毛も健康になりましょう。

コメント