ミノタブ(ミノキシジルタブレット)成分ミノキシジルが毛細血管を拡張

スポンサーリンク
海外の育毛剤

最近抜け毛が気になるようになってきた、薄毛が進行しているように思い、不安を感じているので治したいという人が多いようです。

近年はストレス社会と言われていて、多くの人が何らかのストレスを抱えています。

ストレスは抜け毛や薄毛の原因になると考えられています。

抜け毛や薄毛を治すには、ストレスを上手に発散させることが大切です。

そして育毛剤や飲み薬などでの治療も必要です。

抜け毛や薄毛に有効なのは、ミノタブ(ミノキシジルタブレット)という飲み薬です。

ミノタブを飲むと良い効果が得られることが分かっています。

このミノタブがどのように作用し、抜け毛、薄毛に効果があらわれるのでしょうか。

え?ミノタブはもともと狭心症や高血圧の医薬品だった?

なぜ育毛剤として利用する人が増えているのか?

ミノタブはミノキシジルタブレットのことで、外用育毛剤としても使用されているミノキシジルの飲み薬です。

※ミノキシジルタブレットは効果だけでなく副作用もあります。

ロニテンという薬品名でファイザー社が開発し、製造、販売しています。

ミノキシジルは、最初は高血圧の治療薬でした。

高血圧が良くなるというのは、血管拡張作用があるからです。

血管が拡張されると血液の流れが良くなります。

全身の血の巡りが良くなれば当然頭皮の血流も良くなり、毛乳頭細胞や毛母細胞が活性化するので発毛しやすくなります。

なぜミノキシジルに発毛効果があると分かったのかですが、高血圧の治療のためにミノキシジルを服用していた人たちが、多毛症など、体毛が増える副作用が出たことがきっかけで、発毛効果が発見されたからです。

しかし現在のところ、ミノタブは日本国内では高血圧治療薬としての認可はされているものの、薄毛治療のために使うことは認められていません。

ミノタブは血管だけでなく「毛乳頭・毛母細胞」にも作用!

高血圧の薬には、血管を広げて血液を流れやすくして血圧を下げる、血管拡張作用があります。

血液が流れやすくなったということは、全身に血液が十分行き渡るようになり、頭皮の血流も良くなります。

頭皮には毛乳頭という部分があり、そこが発毛に必要な酸素や栄養素を血液から取り込みます。

毛乳頭に十分な栄養が行き渡るので毛乳頭細胞、毛母細胞が活性化し、髪が元気に育つのです。

これだと、どの高血圧の薬を飲んでも増毛や発毛効果があると思えますが、多くの高血圧薬のほとんどに増毛や発毛効果はありません。

増毛や発毛効果があるのはミノタブだけです。

なぜミノタブだけこのような効果があるのかですが、ミノタブの主成分であるミノキシジルには血管拡張作用だけでなく、発毛因子が増加する効果があるのではと考えられています。

頭皮にある毛乳頭は、髪を生やせという指令を出す部分で、栄養を取り込んだら髪を生やし、他の組織にもいろんな命令を出すと言われています。

この命令に関係しているのがたんぱく質のFGFです。

FGFの中には発毛に関する因子がいくつかあります。

ミノタブにあるミノキシジルは、血流が良くなると共に、この発毛因子の発生も促しているのではないかと考えられているのです。

しかしこれはまだ確定したわけではありません。

本当にこのメカニズムで合っているのかが確認できていないのです。

どっちが良いの?「ミノタブ」と「ロゲイン・リアップ」

育毛剤には塗るタイプと飲むタイプのものがあり、塗るタイプは「ロゲインリアップカークランド」があり、飲むタイプのものは「ミノタブ」があります。

塗る育毛剤か飲む育毛剤か、どちらの方が効き目があるのか真剣に薄毛に悩んでいる人は気になるものです。

塗る育毛剤はロゲイン、リアップが有名ですが、ロゲインはミノキシジル5%、リアップはミノキシジル5%のものと1%のものがあります。

5%の方がミノキシジル濃度が濃いため、それだけ良い効果が期待できるでしょう。

飲むタイプのミノタブにも、ミノキシジルの濃度で何種類かあります。

メーカーによって違いますが、2.5mg、5mg、10mgが一般的です。

塗るタイプか飲むタイプかどちらの方が効果があるのかというと、やはり飲むタイプのミノタブの方が体内から効果を発揮するのでとても良く効くと言われています。

塗るタイプだとどうしても吸収率が低くなってしまうのです。

また、正しく塗布できていないと、思ったほど効果がみられないとも言われています。

ミノタブは優れた効果が期待できるのですが、副作用も強いとされ、日本の病院ではほとんど処方されていませんから、個人輸入などで入手することになります。

初めてミノキシジルを使う人は、副作用の心配がありますので濃度の低いものから試していく方が良いでしょう。

AGA対策ならフィナステリドの併用も大切!!

最近、テレビCMなどでもAGAは治療できるというような内容が流されています。

AGAというのは男性型脱毛症のことで、Androgenetic Alopeciaを略したものです。

男性によくみられ、思春期以降に頭頂部や生え際の髪が双方から、またはどちらか一方から薄くなるものです。

原因は男性ホルモンや遺伝の影響と言われており、抜け毛がだんだんひどくなり、薄くなっていきます。

以前はAGAがあまり認識されていなかったため、治療もそれほど積極的に行われなかったのですが、医学の進歩によりAGAという症状、原因が少しずつ分かってきました。

そしてその治療も積極的に行われるようになっています。

AGAの治療は皮膚科やAGA専門の病院で行います。

AGAと確定したら、飲み薬と塗り薬の両方で治療が行われるのが一般的で、ミノキシジル外用薬とフィナステリド内服薬(プロペシア錠)が主に使われます。

どちらか一方だけではなく、必ずと言っていいほどミノキシジルの外用薬とフィナステリド内服薬を併用します。

併用する理由は、お互いの足りない部分を補い合えるからです。

ミノキシジルは発毛効果があるけれども、薄毛の進行を抑えることはできません。

そしてフィナステリドは薄毛の進行を抑えるけれども発毛効果が弱いのです。

この二つを併用すれば、それぞれの良いところが十分に発揮され、効果が期待できます。

これら両方の薬の処方と、マッサージをしてくれたりサプリメントを処方してくれる病院もあります。

頭皮の状態を良くすることがAGA改善の近道になります。

まとめ

薄毛、抜け毛、AGAで悩む人にはミノキシジル、フィナステリドが効果的だということが分かっています。

ただし、使い方を誤ると副作用に悩むことになったり、思うような効果が得られないことがあります。

ミノキシジルの飲み薬(ミノタブ)については、国内では薄毛治療のために認可されていません。

AGA治療専門の病院ではミノタブを処方してくれるところもありますが、この病院自体がまだ少ないので、個人輸入で手に入れることになります。

個人輸入する時は、信頼できる個人輸入代行サイトを利用するようにしましょう。

口コミ情報などを参考にして、見つけるようにしてください。

ミノタブは副作用が強く出やすいと言われていますので、初めて飲むならミノキシジルの濃度が一番低いものから始める方が良いでしょう。

コメント