FUT法(毛包単位植毛法)はメスでごっそりドナーをカットする移植法

スポンサーリンク

FUT法とは「フォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション」の略で、フォリキュラーユニットとは毛包単位、トランスプランテーションとは移植を意味します。

このことからわかるように、毛包単位移植のことであり、世界的に見てもスタンダードな植毛方法なのです。

しかし現在では、FUE法と言ったダメージの少ない方法も徐々に増えてきています。

FUT法の移植法やメリットデメリットを知ることで、自分に合う植毛方法を選ぶ際の重要な情報の1つとなるでしょう。

FUT法(毛包単位植毛法)の移植方法

FUT法とは、基本的には毛包単位で植毛をするのであればどれも当てはまる方法だと言えます。

マイクロ・グラフト法などでも毛包単位で株分けを行い、移植をするので、FUT法の1種だと言えなくもないのです。

しかし一般的にFUT法での自毛植毛というと、「スリット法」を意味することが多いです。

スリット法とは、株分けしたドナー(移植毛)を、移植先の頭皮にメスでスリットを入れ、ピンセットで植え付けていく方法です。

スリット法と呼ぶ場合もあれば、あまりにもスタンダードな方法であるため、FUT法=スリット法と位置付けるクリニックもあります。

後頭部の一定の範囲を皮膚ごと帯状に切り取り、それを株分けして移植する方法です。

マイクロ・グラフトなどの方法はパンチと呼ばれる管状のメスで株をくりぬくことなので、ドナー採取の方法においてはFUT法ではないとも考えられます。

基本的にはFUT法でドナー採取をする場合は帯上に皮膚ごと採取する方法ですから、その部位については縫合・抜糸などが必要となり、ドナー採取の術後には痛みやダウンタイムが長期間かかる可能性もあります。

また、FUT法で採取されたドナーを、ニードル法で植え付ける手法もあり、ニードル法で植毛する場合は、ニードルにドナーを装着し、毛穴をあけながら同時に移植もしていく方法です。

スリット式と比べ移植先の傷が残りにくく、ダメージが軽減できる移植方法です。

FUT法=切る(メスを使う)が、FUE法=切らない

自毛植毛にはドナー採取方法に大きな違いがあります。

その為、FUTが毛包単位植毛であることは抜きにして、ドナー採取の方法によってFUT法とFUE法とに分けられることが多いです。

FUT法は「メスを使って切り取る植毛」、FUE法は「切らない植毛」と呼ばれます。

FUEは米粒大の面積のドナーをチマチマと採取する

切るか切らないかというだけなら、切らないFUEのほうが良いと考える人も多いです。

実際に、主流であったFUT法ですが、徐々にFUEを取り扱うクリニックを希望する人も増えています。

しかし一概にすべての人が切らないFUE法が良かったり、切るFUT法が良いというわけではありません。

例えばたくさんの髪の毛を移植しなければならない場合、FUT法のほうが良い場合があります。

FUT法では帯状にドナーを採取する為、短時間でたくさんのドナーを採取できます。

FUE法でドナー採取をする場合、米粒大やそれ以下の範囲のドナーを少しずつ採取する方法なので、とても時間がかかります。

その為、大量に短時間で植毛したい人の場合は、FUT法でドナー採取をしたほうが良い場合もあります。

しかし、一方で多くの髪の毛を移植しなければならない場合で、FUEのほうがいい場合もあります。

FUE法で採取する場合は、少しずつドナーをくりぬく方法なので、ドナーとなる部位の髪の毛の密度が不自然でないように減らして、移植できます。

しかしFUTではドナーとなる後頭部の髪の毛を帯状に切り取るには限界がありますから、それ以上に毛が必要になる場合は髪の毛が足りません。

FUEでちまちま切り取るほうが、ドナー部分の毛の減少が気にならないので、より広範囲の部位がドナーになり得る分、最終的には多くのドナーを採取できる可能性もあるのです。

FUT法はメスでごっそりとドナーを頂くために手術時間が短い

FUT法がこれまで世界的な植毛のスタンダードとなってきたのは、手術におけるドナー採取が単純で、かつ短時間にたくさんのドナーが取れるメリットがあることも1つの大きな理由です。

FUT法では帯状にドナーを切り取る為、手術をする側からすれば1つ1つの毛束や毛包などを確認しながらドナーを採取するFUE法に比べ、時間的なロスがとても少ないのが特徴です。

ただし、帯状に切り取ったドナー部分の髪の毛の中には、元から移植に適さない弱い毛も含まれます。

メスでごっそり切り取ってドナーを得るというFUT法では、そのような毛を排除できないので、ドナー採取で取れた弱い毛は廃棄処分されてしまうというデメリットもあります。

FUT法は、採取時にドナーを傷つけてしまうメリットが有る

帯状に切り取ったドナー採取によって、元から弱かった毛もドナーとして切り取ってしまうので、そのような毛はドナーロスとなるデメリットがありますが、一方でFUT法のほうがドナーロスが少ないという主張もあります。

それは帯状に広範囲の皮膚を切り取ることで、毛包や毛母細胞などを傷つける心配が少なく、これによる生着率の低下や、ドナーロスが少ないということです。

FUE法などでは技術の進化した昨今、ロボットによってより正確な毛包の角度や位置を測り、ドナー採取していくのが主流となっていますが、手作業でスタッフが行う場合はその技術力に個人差があるので、どうしてもいくつかのドナーに関してはドナー採取段階で傷やダメージを負わせてしまい、ドナーロスしてしまいます。

その為にドナーロスしてしまうことを考えれば、帯状に切り取ったほうがドナーロスしにくいと考えられる場合もあります。

FUT法は、他の移植法と比べて価格が低いというメリットが有る

FUT法は短時間でドナー採取ができ、その後の手術に関してもスリット法など時間がかからない方法が用いられて移植することがほとんどです。

その為、他のFUE法でのドナー採取などと比べて、多くの場合価格がとても低いというメリットがあります。

予算面が限られている人の場合は、FUT法での自毛植毛しか考えられないという人もいるでしょう。

FUT法は、メスを使うためにデメリットが有る

FUT法は安く、短時間でドナーロスも少ない場合があると考えれば、メリットばかりだと思われますが、デメリットもあります。

それはメスで帯状に切り取った部分の痛みが激しいことです。

多くの場合、FUT法でドナーとなる後頭部ですが、その部分には大きな傷跡が残り、皮膚を切り取っているのですから、術後には激しい痛みが襲います。

術中は麻酔が効いていますが、それ以外は痛み止めを服用してしのぐしかありません。

FUT法は後頭部の線状に傷が残るために小さな傷痕が目立つ

FUT法によって残る傷ですが、男性の場合はその部分を刈り上げたり、短く仕上がるような髪型にすると、傷が目立ちます。

その為、FUT法での自毛植毛後はできない髪型が出てくることもリスクの1つです。

まとめ

FUT法について詳しく知り、値段だけでクリニックを決めて後で後悔しないようにしましょう。

コメント