_自毛植毛の採取方法とは?自分の毛をドナーとして使用する手術方法

スポンサーリンク

一言に自毛植毛と言っても、クリニックによってどのような植毛方法を採用しているかは異なりますから、どのようなポイントを見てクリニック選びをするのか、比較検討する際には、自毛植毛についてある程度知識を持っておいたほうが良いでしょう。

クリニックによって植毛方法は異なる

まず自毛植毛において大事な工程が「ドナー(移植毛)の採取」です。

この移植における採取方法というのも、採用している植毛方法によって異なるので、自分に合うドナー採取方法はどれなのかを考える上でも知っておかなければなりません。

まず痛みについてですが、自毛植毛の場合基本的には麻酔を使用します。

その為、移植する毛を採取する際の痛みについては、採取方法によって異なることはほとんどありませんが、術後の痛みや術後の状態に差がでることがあります。

そもそもFUT法(フォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション)のドナーの採取方法は?

FUSS(FUT)法とは、「フォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション」の略で、皮膚をまずメスで帯状に切り取って、その後株ごとにわけていく方法です。

この方法でドナー採取を行うと、かなり広範囲の皮膚を切り取っている状態となる為、激しい痛みが術後に訪れます。

その激しい痛みがしばらく続いて、傷口は消毒をしたり抜糸をしたりする必要性もあるので、完全に復帰できるまで回復するにはかなりのダウンタイムが必要になります。

さらに、ドナー採取した部分の皮膚には傷跡が残り、広範囲に傷痕があるので目立ちます。

多くの人が後頭部の毛をドナーとして採取しますが、そこに線状、帯状の傷痕が残り、頭皮に痛みを感じたり、突っ張りなどを感じる心配もあります。

FUT法でドナー採取をする欠点はこのようなドナー提供した部位の傷や痛みだけではありません。

採取できる毛の量に限界があるので、頭部の広範囲が薄毛になってしまっている場合、大量の移植はできません。

また、帯状に切り取った移植毛を株分けしてグラフト作成するので、仕上がりの髪密度が浅くなりがちです。

その上、株を見分けず広範囲に切り取った髪の毛や毛根によっては、移植するのに適さないものも混じっていることがあり、そのような髪はもったいないのですが廃棄物として捨てられてしまいます。

そもそもFUE法(毛包単位採取法)のドナーの採取方法は?

一方でFUE法と呼ばれる方法では、メスを用いた皮膚の切除は行われない為、術後の痛みはFUSS・FUT法と比べると軽減できます。

FUE法は、細長い管の医療器具を使用して毛根から髪を採取します。

部分的にはダメージは少なからずあるものの、術後の縫い付けや抜糸などと言った手間暇も掛からず、頭皮へのダメージも少ないので、ダウンタイムも短い期間で済みます。

さらに、現在ではドナー採取に使用される医療器具が進化し、管上の医療器具が細くなることで、採取したドナーが小さいので、密度の高い移植が行えるようになっているのもFUE法の特徴です。

特にクリニックによって導入している機械がマイクロサイズのものでは、移植ホールがとても小さい為、高密度の移植や傷み軽減と言ったメリットがそろうクリニックも数多くあります。

そもそも植毛ロボット(アルタス)のドナーの採取方法は?

クリニックごとに違った移植器具を揃えているので比較検討していると、定評のあるクリニックで導入していることの多い植毛ロボットの中に「アルタス」という名前を聞いたことのある人は多いでしょう。

植毛ロボット「アルタス」とは世界で唯一の植毛ロボットであり、4つ搭載されたCCDカメラによって1秒間に50回の撮影が行われ、髪の密度や本数などを割り出し、採取した部位の髪の状態が自然に仕上がるように最適な状態を目指してドナー採取をします。

その為、髪の生えている部位であればどの部分からも毛を採取できるのでたくさんの髪を移植できる上、もともとドナーが生えていた部位の毛の生え方も自然にキープできます。

この「アルタス」によって最適な密度でドナー採取する場合の採取方法はFUE法で、とても細い管状のパンチで毛穴ごとくりぬきます。

アルタスでは従来人間が1つ1つ目視で確認して採取していたドナーとなる髪の毛を、何万通りものデータによって肉眼では確認できない皮膚の下の毛根の角度なども機械的にわりだしながら計算して、毛根を傷つけないように採取できるので、より確実な定着が望めるのです。

もちろんFUE法での採取ですから、ダウンタイムも短く、仕上がりもより自然になるメリットもあります。

そもそもニードル(単一植毛)のドナーの採取方法は?

自毛植毛について調べていると「ニードル(単一植毛)」というキーワードも見られます。

ニードル植毛、単一植毛は、別名でChoi式と呼ばれる自毛植毛の方法の1つです。

欧米人のような細い髪の毛ではあまり用いられない方法で、黒髪の東洋人のような太い髪の毛の生える人種でメリットの大きい植毛方法である為、この植毛方法が用いられる国は韓国と日本だけだと言われています。

基本的なドナーの採取方法はFUT法と同じであり、後頭部のような目立たないドナー部分に対し、約1センチほどの幅で20~30センチの長さで、皮膚を一気に切り取る手法です。

つまり、ニードル単一植毛は、ここまでのドナー採取についてはFUT法とまったく変わりませんから、ドナー提供をした後頭部には傷が残ったり、術後にはある程度の痛みがあることを覚悟しなければなりません。

ニードル植毛が他と異なるのは、移植段階での移植方法です。

切り取ったドナーを株分けし、株分けされたグラフトをニードル針で移植する部分に穴をあけながら、同時に移植する方法です。

細いニードルを使用して移植するので、通常のFUT法と比べ高密度な移植ができるのが大きな特徴でありメリットです。

しかし、現在このニードル法での植毛はほとんど行われないようになっています。

というのも、FUT法でのドナー採取がある程度の痛みを伴う上、ダウンタイムも長くかかり、さらに移植段階でニードルを使用するのでグラフトを装着するまでに時間がかかることも多く、毛包などを傷つける危険性が上がり、生着率が下がるからです。

そもそもスリット法のドナーの採取方法は?

自毛植毛方法の1つに「スリット式植毛」という方法があります。

スリット式ではドナー採取はFUT法で行い、移植時にメスで切り込み(スリット)を入れてピンセットで1株1株植え付けるという方法です。

クリニックによってはFUT法がスリット法を意味しているところもあり、スリット式はFUT法のスタンダードな植毛方法の1つです。

こちらもFUT法で帯状にメスでドナーを切り取って採取するので、術後のダウンタイムは長く、後頭部などドナーとなった部位については縫合や抜糸と言った手順があります。

そもそもバンドル法の採取方法は?

バンドル式でのドナー採取方法は基本的にFUT法です。

FUT法でドナー採取をするので、皮膚をメスで帯状に切り取り、切り取ったドナーを株分けして植え付ける方法ですが、FUT法と違うのは植毛する際に特殊なニードルのような器具を使用して植え付ける点です。

毛髪単位でグラフト分けする方法と違い、毛包単位でグラフトわけするので、より自然に近い仕上がりになりやすく、FUT法でデメリットとなりやすい密度の低さを改善できます。

また、FUT法でのドナー採取となるのでその部分の傷痕は残りますが、移植先の傷痕はスリットのようにメスで切り込みを入れるよりも少なくなります。

つまり、FUT法でのドナー採取による自毛植毛の中では、ニードルやこのバンドル法での植毛のほうが移植先の傷痕が残りにくく自然に仕上がりやすい特徴があります。

そもそもマイクロ・グラフト法の採取方法は?

マイクロ・グラフトとはマイクロ単位の細い円形の管でドナー採取をする方法です。

FUT法はこれまで主流のドナー採取法でしたが、現在では痛みが少なく、ダウンタイムが短い、このマイクロ・グラフト法が採用されることが増えています。

マイクロ・グラフトとは50年前から行われるパンチ・グラフトの改良版で、パンチ・グラフトと比べより細い管を使うことで自然な仕上がりや傷みの軽減が期待できる手法です。

一方できめ細かい作業である為、スタッフの技術力が必要となり、施術時間が長時間かかりがちであるなどのデメリットもあります。

そもそもミニ・グラフト法の採取方法は?

ミニ・グラフトという自毛植毛方法は、マイクロ・グラフトと単純にドナーのサイズが異なるだけです。

つまり、円形の管状のメスでドナーをくりぬくという点は同じですが、パンチ・グラフトでは3~5ミリのパンチで20~30本一気にくりぬきますが、ミニ・グラフトでは1~2ミリのパンチで4~6本の毛をくりぬく採取方法となっています。

マイクロ・グラフトではさらに細く、1ミリ以下の管状メスでくりぬきます。

ミニ・グラフトでも採取するドナー範囲が狭くなっている分、パンチ・グラフトよりも痛みは抑えられますが、一方でマイクロ・グラフトよりも術後の痛みは感じやすく、また毛束が多い分、不自然に仕上がると考えられます。

そもそもパンチ・グラフト法の採取方法は?

パンチ・グラフト法でのドナー採取方法は3~5ミリの管状のメスでドナーをくりぬく方法で、20~30本の毛束をそのままくりぬきます。

その為、傷口が比較的広く残る、毛束が多いので移植が不自然に仕上がるなどのデメリットから、現在では用いられない方法で、これが進化した管の細いミニ・グラフトやマイクロ・グラフト手法が用いられるようになっています。

まとめ

このようにそれぞれ移植方法によってドナー採取方法が異なるので、スタッフのカウンセリングなどを受ける前にある程度知っておくと理解しやすいでしょう。

コメント