髪の毛穴の数を増量することは可能か?毛量は側方抑制が関係する?

スポンサーリンク

薄毛の悩みは多くの男性が抱えていますが、その薄毛の中でも特に中高年になるにつれて頭頂部や前頭部の髪の毛が少なくなっていく、男性型脱毛症、いわゆるAGAがその大半を占めています。

抜けるのを食い止める治療が一般的ですが、髪の毛が抜けてしまうのであれば、そもそも生えている髪の本数、つまり毛穴を増やすことが出来れば薄毛の対策になります。

毛穴を増やすことは可能なのでしょうか?

そもそも日本人(成人)の髪の本数は何本?外国人の髪の本数は何本?

日本人の成人の髪の毛の本数は、男性女性関係なく平均10万本程度と言われています。

但し本数には個人差があり、少ない人では6~7万本、多い人では13~14万本とかなりの差があるものです。

外国人と比較してみた場合、金髪の場合は平均で14万本程度と言われており、日本人に対して約1.4倍という本数になっています。

では外国人の方は日本人に比べて髪の毛がフサフサかと言うと、実際はそこまで差は見られません。

その理由としては髪の太さが関わっています。

日本人と外国人では髪の太さが大きく異なっており、金髪の外国人に比べて日本人の髪は3倍程度太くなっています。

日本人の黒髪は外国人の金髪に対して本数は少ない分、太さでカバーしているため、見た目に大きな差が見えないようになっているのです。

このように、毛量は単純に髪の毛の本数だけでなく、髪の太さも重要なファクターとなります。

1平方センチメートル内で、何本くらいの髪の毛が生えている

髪の毛が生えている平均的な密度としては、1平方センチメートル内でおよそ150本生えていると言われています。

頭皮のうち、人の髪の毛が生える面積が700平方センチメートルであるため、150本×700平方センチメートル=105,000本となり、およそ10万本が平均となります。

また、髪の毛の密度は頭皮の部位によって異なり、平均ではありますが、いずれも1平方センチメートル内で前頭部は180本、中央部・頭頂部は200本、後頭部は160本、側頭部120本というようになっています。

一番多いのは中央部・頭頂部であり、側頭部が一番少なくなっているのです。

側方抑制により、毛穴の数がきめられる

毛穴は細胞にありますが、細胞のなかで髪の毛が生えているのは毛芽細胞という細胞であり、体中の全ての細胞が毛芽細胞に変化することが可能です。

そのため、毛芽細胞が増やせれば毛穴を増やすことが可能ということになるのですが、実際は毛芽細胞になれる細胞はある程度遺伝子レベルで決まっています。

それは側方抑制という細胞同士のシグナルのやり取りによるものです。

毛芽細胞が出来ると、その周りの細胞に対して毛芽細胞にならないようにするシグナルが出されます。

そのシグナルを受け取った細胞は細胞変化が抑制されるため、毛芽細胞になれないという現象が起こります。

これが「側方抑制」です。

このシグナルは、毛芽細胞から近い細胞に対してはシグナルの濃度が濃く抑制力が強いですが、毛芽細胞から離れるにつれてシグナルは薄くなっていきますので、自然と毛芽細胞はそれぞれが一定の距離を持った形となります。

このことから、個人差はありますが毛芽細胞、つまり毛穴の数は決まってしまうため、意図的に毛穴の数を増やすということは不可能なのです。

毛穴の数は平均でも、ヘアサイクルが原因で細くて短い

髪の毛にはヘアサイクルという成長サイクルがあり、髪の一生は成長期、退行期、休止期の3期に分けられます。

ヘアサイクルが正常に働いていれば、4~6年程度の期間がある成長期において太く長く成長します。

そして2~3週間程度の退行期で成長が止まり、数カ月間の休止期を経て抜け落ち、また新たな髪の毛が生えて成長期に入っていくというサイクルを繰り返しているのです。

しかし、AGAと呼ばれる男性型脱毛症にかかってしまうと、このヘアサイクルのうち成長期が1年程度にまで短縮されてしまい、髪の毛が十分に成長する前に抜け落ちてしまうという現象が起こります。

これによって本来の太く長く成長した髪の毛が無くなり、細く短い髪の毛ばかりになってしまうために薄毛になってしまうのです。

側方抑制によって毛穴の数を増やすことはできないため、毛穴の数が平均的であってもヘアサイクルの短縮によって毛穴や毛量は少なく見えてしまいます。

従って、毛量を増やすためにはやはり髪の毛1本1本の本来の太さと長さを取り戻すことが重要です。

細くて短い毛を、太く長くするには「生活習慣の改善・効果的な育毛剤」

薄毛の原因としては様々な原因が考えられますが、いずれにおいても髪の毛を太く長くするためには、生活習慣の改善と効果的な育毛剤を使用することが基本です。

髪の毛には毛母細胞という細胞があり、毛細血管から栄養や酸素を貰って成長しています。

そのため、髪の毛に送る栄養が不足してしまえば、健康な発育が出来なくなってしまいますので、体に良い生活習慣は非常に重要な要素です。

生活習慣の中で特に注意が必要な項目は大きく2つあります。

食生活

髪の毛は、ケラチンというたんぱく質が主成分ですので、たんぱく質の不足は髪の毛の成長に支障をきたす原因です。

また、脂質の多い食べ物の過剰摂取などによる食生活の乱れはドロドロ血液を引き起こし、血流が悪くなってしまいます。

すると、頭皮の小さな血管である毛細血管に血液が流れにくくなってしまい、髪の毛の成長に十分な栄養や酸素を供給することが出来なくなってしまうのです。

睡眠

髪の毛の成長は、成長ホルモンの働きが深く関わっています。

この成長ホルモンは特に睡眠中に活発に分泌されますので、十分な睡眠時間がなければ髪の毛も十分に成長することが出来ません。

また、成長ホルモンは深い眠りであるノンレム睡眠時に特に分泌が活発になります。

そのため睡眠前にコーヒーを飲むなどしてカフェインを摂取したり、スマートフォンやパソコンなどの使用によるブルーライトによって脳が冴えてしまうと深い眠りが阻害されてしまいますので、就寝前にこれらの行為は控えるようにしましょう。

また、生活習慣の改善と合わせて育毛剤を活用することで、髪の毛を太く長く成長させる効果が高まります。

育毛剤には、頭皮の血流を良くして育毛を促進するタイプや、ミノキシジルなどの有効成分によって男性型脱毛症の原因物質を抑制してヘアサイクルを正常に戻す働きをするタイプがあります。

育毛剤は様々な商品が販売されているため、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

また、育毛剤だけに頼っては効果は半減してしまいますので、生活習慣の改善と合わせて取り組んでください。

まとめ

生えている髪の毛の本数は個人によって多少は異なりますが、日本人であれば平均10万本程度、かつ毛穴の数も側方抑制によってある程度決まっているために、元々の毛量は大きくは変わりません。

従って、男性型脱毛症や生活習慣の乱れなどによって抜け落ちたり細く短くなってしまう髪の毛を、如何に抑えるかが重要になります。

もし薄毛の症状がみられる場合には、生活習慣を見直しや薄毛専門のクリニックを受診するなど、早めの行動を心がけるようにしましょう。

コメント