ポニーテールは髪の毛を強く引っ張るため脱毛症(牽引性脱毛症)になる?

スポンサーリンク

髪の毛が一部分だけ抜けてしまい、薄毛の状態が見られるという時には、ヘアスタイルが原因となっていることもあります。

特に女性に多いパターンで、頭皮に負担のかかる髪型が毛根の力を弱めてしまって脱毛を促してしまっているのです。

ヘアスタイルを変えることによって改善できますが、気づくのが遅いと髪の毛が生えづらいこともありますので、できるだけ早く原因を突き止めて対処することが大事です。

ポニーテール・くるりんぱ・編み込みなどで長期間

ヘアスタイルが原因で薄毛が生じてしまう脱毛タイプは、牽引性脱毛症と呼ばれています。

これは、髪の毛がぎゅうぎゅうと引っ張られる形のヘアスタイルを長時間していることが原因です。

具体的にはポニーテールやくるりんぱ、きつめの編み込みなどの髪型です。

ポニーテール自体は髪の毛を圧迫するものではありませんが、髪の毛が長い、もしくは多いとテールの分が重くなってしまって、頭部の上から後頭部にかけて引っ張り力が発生します。

この牽引状態が頭皮に負担となってしまうのです。

常に髪の毛を抜くような力がかかっていますので、毛根の形がストレートになってしまい、抜け落ちやすくなってしまうのです。

また、頭皮にもかなりの力が常にかかっていることになりますので、圧迫されて血流が滞ってしまいます。

一部分といえども常に血流が悪い状態が続くと、その部分での脱毛が進んでしまうことになります。

牽引性脱毛症が原因で薄くなった場所、新しい髪は生えてこないのか?

牽引性脱毛症の難しいところは、同じところにずっと強い力がかかっているため、その部分の組織自体が変調をきたしてしまうということです。

通常は、脱毛を促進する原因が取り除かれれば脱毛は減っていくのですが、牽引性脱毛症の場合は、毛髪を成長させる機能そのものがその部分だけ弱ってしまっているケースもありますので、髪型を変えるなどして脱毛の原因を取り除いても長期間新しい毛が生えにくくなってしまう危険性があります。

しかし、適切な育毛剤を使用するなどの対応を取れば、徐々に育毛の機能が戻ってきますので、ゆっくりとではありますが新しい毛が生えてくることになります。

自己判断で牽引性脱毛症の症状

このように、牽引性脱毛症は長期間の悪影響をもたらすこともあります。

そのため、自己判断でも牽引性脱毛症の症状が見られるのではないかと思ったら、すぐに病院に行って診てもらうようにしましょう。

皮膚科の、特に薄毛に関する治療を行っている専門医がベストです。

細かな検査を行って、なにが原因となって脱毛が生じているかを検査してくれます。

また、どのような手段を取ることによって症状の改善ができるかを指導してくれるでしょう。

診察の際には、いつもどのような髪型をしているのか、それによって牽引性脱毛症が起きているのではないかということを伝えると診断がしやすくなるでしょう。

そこまで気にならないけど先のことを考えると・・・一日おきにダウンスタイル

このように、牽引性脱毛症が疑われるのであれば、まず病院に行って専門的な判断をしてもらうことが大事ですが、それほど薄毛がひどくないという場合は、まず自分でできることを行うようにしましょう。

ヘアスタイルを頭皮に負担の少ないものに変えることから始めることができます。

特に、毎日同じ髪型にするのは避け、常に同じ場所に負担がかかることがないようにします。

ポニーテールや編み込みなどの髪型が多いのであれば、少なくても一日おきにダウンスタイルにして負担がかからない時間を作るようにしましょう。

また、何らかの髪型を作る場合でも、毎日結ぶ位置を変えることは重要です。

そうすることで、結び目のけん引力が分散されますし、重さがかかる場所も変えられますので、負担が減っていくことになります。

「どうしてもポニーテールスタイルを保ちたい」という方

しかし、ヘアサイクルはそれぞれの好みが強く出るところですので、ポニーテールがどうしてもしたいという女性もいることでしょう。

また、仕事の関係などでどうしてもポニーテールにまとめておく必要が生じることもあります。

そのような時は、一日中同じヘアスタイルを保つのではなく、一日のうちでも数時間は少なくても下ろすようにして、負担を減らすことが大事です。

必要な時間だけポニーテールをするようにして、できるだけ頭皮にかかる負担を軽減できるようにしましょう。

牽引性脱毛症は、それほど強い力でないとしても、毎日頭皮に負担がかかっていくことで、徐々に頭皮の機能が弱まってしまって薄毛が進行してしまうというタイプです。

この症状を改善するためには、やはり髪型をより負担の少ないものとすることがなにより重要です。

自分でできることが多い脱毛症のタイプですので、症状に気づいた段階ですぐに髪型を変える、病院に行って診てもらうなどの対応を取ることが大事です。

特にポニーテールは、徐々に頭皮に負担をかけて牽引性脱毛症を引き起こしやすい髪型ですので、明らかに症状が出ていないとしても、日ごろから意識して髪型を変えるなどの予防策を取ることができます。

まとめ

牽引性脱毛症とは、ポニーテールや編み込みなどの髪型を毎日続けることによって、頭皮に負担がかかってしまい、その部分だけが薄毛になるという脱毛タイプです。

長期間の負担が脱毛を進行させてしまうため、脱毛がひどくなっていると、改善策を取っても長期間にわたって新しい髪が生えてこないこともあります。

そのため、専門医の診察を受けること、毎日髪型を変えるなどの予防策を取ることが大事です。

ヘアスタイルを維持したいなどの理由で、ポニーテールなどをしたいのであれば、必要な時間だけその髪型をするようにして、その他の時間はダウンスタイルにして頭皮にかかる負担をできるだけ減らすようにしましょう。

コメント