女性の薄毛に多い『休止期脱毛症』とは?

スポンサーリンク

薄毛と言うと男性に起こるものというイメージが強いですが、実は女性でも多くの人に起こっています。

男性の場合は男性ホルモンが原因で起こる男性型脱毛症が多い傾向にありますが、女性の場合は異なる原因で脱毛が進行してしまうケースが多いので、男性とは違う方法で対処する必要があります。

女性に多い脱毛症のタイプとしては休止期脱毛症が多く、症状が重くなることもあります。

そもそも休止期脱毛症とは?

髪の毛の成長には一定のサイクルがあります。

髪の毛が新たに生まれてから成長期にあり、その後休止期間に入ります。

そして十分に成長しきると、自動的に髪の毛を支える組織が壊死して脱毛が起きます。

このサイクルが崩れてしまうことによって脱毛が進行してしまうのが休止期脱毛症です。

髪の毛のサイクルには必ず休止期間がありますが、成長期のサイクルが早まってしまって、休止期間に入れ替わってしまうのが特徴です。

十分に髪の毛が成長することなくストップしてしまいます。

そして、そのまま脱落してしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

全体的に髪の毛の成長が悪くなり脱毛のスピードが速くなってしまいますので、当然頭部全体の薄毛が進行していくことになります。

これが休止期脱毛症のプロセスで、全体的な傾向としては、頭部の全体にわたって髪の毛が薄くなるという特徴が見られます。

鉄欠乏性貧血・過激ダイエット・肥満をカラカラ割れて休止期脱毛症毛が起こる

休止期脱毛症の原因には様々なものがあります。

一つには食生活の乱れが挙げられます。

このパターンは若い女性に多く、過激なダイエットなどによって必要な栄養素を十分に摂っていないことがホルモンバランスの乱れを引き起こすことが原因となります。

さらに、こうした食生活の乱れは多くの場合、鉄欠乏性貧血を招き、様々な健康不良を引き起こします。

特に皮膚組織の修復や成長のプロセスがうまくいかなくなってしまいますので、肌荒れや爪の変形などが起こるようになります。

この皮膚へのダメージは皮膚組織の延長である頭皮や髪の毛にも及ぶようになります。

髪の毛がもろくなり抜けやすくなってしまうのです。

これもヘアサイクルのうち成長サイクルが短くなってしまって、休止期間に移行してしまう原因となります。

このように、食生活の乱れはホルモンバランスを崩し、休止期脱毛症を引き起こす原因となりますので、もし薄毛が進行していることに気づいたら、まずは自分の食生活をチェックしてみるようにしましょう。

妊娠中に様々なホルモンの影響でヘアサイクルが乱れる

このように休止期脱毛症には、ホルモンバランスの乱れが大きく影響していますが、この不調は食生活だけによるものではありません。

女性の場合は特に妊娠によって大きくホルモンバランスが変わります。

そのため、妊娠中や産後に急に髪の毛が薄くなってしまうことがあります。

妊娠そのものの影響によって大きくホルモンバランスが崩れるのが第一原因ですが、妊娠中は栄養バランスが崩れてしまうということも関係しています。

しっかりと栄養豊かでバランスの良い食事が摂れないこともありますし、胎児に必要な栄養が摂れなくなってしまうこともありますので、余計にホルモンバランスのコントロールが狂ってしまうのです。

さらに、妊娠や出産によるストレスが重なって、かなり皮膚の状態が落ちてしまい、髪の毛には悪影響となることもあります。

こうしたことから、妊娠中や産後すぐの女性が急速に髪の毛が少なくなってしまうことが多いのです。

休止期脱毛症が急激に進行しますが、産後しばらくして生活が普通通りのスタイルに戻りホルモンバランスのコントロールも正常になることによって、髪の毛のボリュームが戻ってくることがほとんどです。

ホルモン・成長因子に変化でびまん性脱毛症が発生する

こうした休止期脱毛症の症状の特徴は、びまん性の脱毛であるということです。

びまん性の脱毛とは、頭部全体で抜け毛が進行してしまい、全体的に髪の毛が薄くなっていくという症状のことを指します。

男性型脱毛症の場合は、生え際や頭頂部など一部分が特に薄くなっていきますので、休止期脱毛症とは大きな違いがあります。

また、原因もホルモンバランスの全体的な崩れや成長因子の産生に影響が及ぶことであり、男性ホルモンが脱毛因子を作るという男性型脱毛症とは異なるものです。

さらに、もう一つの大きな違いとしては、男性型脱毛症の場合は、きちんとした対処をしないと症状がどんどんと進行していく傾向が強く、症状が長期間にわたって続くという特徴があるという点です。

休止期脱毛症の場合は、過激なダイエットなどによる摂食障害、妊娠によるホルモンバランスの乱れなどの一時的な要因が引き金ですので、こうした要因を取り除けば薄毛が解消していくケースが多いということです。

原因が取り除かれれば、4~6か月ほどで脱毛数が正常に回復していき、髪の毛のボリュームが戻ってきているのを実感できるようになります。

びまん性脱毛の改善を早めたい場合は育毛剤がオススメ

このように、休止期脱毛症は脱毛の原因を取り除くことが一番重要で、その後は自然に回復していくことが多くなっています。

しかし、心理としてはできるだけ早く髪の毛の量を取り戻したいと思うものです。

そのような場合には、塩化カルプロニウムなどの成分を含む育毛剤を使用することがおすすめです。

この成分は血管を拡張して血流を改善するという作用があります。

頭皮の血流が改善されると十分な栄養分や成長因子が毛根に送られるようになりますので、育毛が促進されます。

女性の場合は、男性ホルモンに作用するタイプの育毛剤は使えませんので、このような血流改善を主な目的とする育毛剤を使うのがベストです。

毛髪に必要な栄養を吸収しつつ、1日30分ほどの運動を行う

さらに、休止期脱毛症を改善するためには、生活習慣そのものの改善が欠かせません。

見た目を気にしてダイエットを行うこと自体は悪くありませんが、それで体調を崩してしまったり、髪の毛が抜けてしまって薄毛になってしまっては意味がありません。

無理なダイエットは頭皮をスカスカにするリスクが大変高いのです。

そのため、やせるために無理な食事制限をするのではなく、毎日の生活の中に運動を取り入れるほうがよほど効果的かつ健康的です。

一日30分ほどの有酸素運動を行うこと、そして週に数回程度筋肉を増強するための無酸素運動をすることが大事です。

脂肪を燃焼させることができる体を作れますので、無理な食事制限をする必要がありませんし、より健康な体を持てるというメリットがあります。

まとめ

休止期脱毛症とは、ヘアサイクルのうち、成長期が極端に短くなり休止期に入れ替わってしまうことによって起こる脱毛症です。

一部分の脱毛というよりは頭部全体の髪の毛が薄くなっていくという特徴が見られます。

過激なダイエットなどによる摂食障害、妊娠や更年期によるホルモンバランスの乱れが原因となって起こります。

生活習慣を見直すことが改善のために重要で、ホルモンバランスを戻すことによって、短期間で薄毛を解消できるようになります。

コメント