グロースファクター(成長因子)再生療法とは?最新の医療法とは?

スポンサーリンク

薄毛の治療において近年注目されている治療法が、グロースファクター再生療法です。

本来体の中にある様々な働きを行っているグロースファクター(成長因子)を外部から注入し、それによって頭皮環境や育毛力を改善する治療法です。

そもそもグロースファクターとは?

グロースファクターとは成長因子と呼ばれ、体内で作られているタンパク質の一種です。

私たちの体中にある細胞の分裂・増殖を制御し、新陳代謝を促しているのがこのグロースファクターと言われています。

また身体が成長するときや、細胞が傷ついてしまった時などにも作用しています。

髪の毛は細胞と深い関わりがあり、髪の毛の根元にある毛根の丸くなっている部分を毛球と呼びますが、この中には毛乳頭細胞や、髪の毛を作るための毛母細胞という細胞が存在しています。

この毛母細胞が分裂・成長することによって新しい髪の毛になるなど、これらの細胞の活動もグロースファクターによってコントロールされているのです。

しかし、このグロースファクターの分泌量は20代をピークに加齢とともにどんどん減少していき、40代・50代になると、グロースファクターの分泌量は20代のおよそ半分まで減少してしまいます。

これが薄毛の原因の一つと言われています。

成長因子再生療法には種類がある

成長因子再生療法は、必要な成長因子を頭皮に直接注入し、頭皮の活動を活発化させ薄毛を改善する療法です。

成長因子と言っても非常に多くの種類がありますが、以下に代表的な成長因子をご紹介致します。

そもそもインスリン様成長因子(IGF)とは?

インスリン様成長因子は、もともとは美容方面で注目されている因子であり、皮膚のコラーゲンの増加や汗腺の機能改善、筋肉強化、血管拡張効果などの効果が認められています。

主に肝臓から分泌され、人体のほとんどの細胞に関与し、体の成長に欠かせない、人体に必須の因子です。

髪の毛にとっても必須なのは同じで、インスリン様成長因子は髪の毛の毛根にある毛乳頭細胞でも大量に作られています。

そして髪の毛の細胞に作用し、髪の毛のヘアサイクルの成長期を長くしたり、細胞分裂を促進して発毛を促す効果があります。

そもそも線維芽細胞増殖因子(FGFとは?

線維芽細胞増殖因子は、多機能性タンパク質に分類され、その名の通り線維芽細胞を増殖させる因子です。

線維芽細胞が細胞分裂により増加すると、コラーゲンやヒアルロン酸などの皮膚の弾力をキープする成分を増加させます。

髪の毛への働きとしては髪の毛の成長を促進し、白髪が生えにくくなったり、頭皮の血行を促進して髪の毛を元気にするなどといった効果があります。

そもそも血管内皮細胞増殖因子(VEGF)とは?

血管内皮細胞増殖因子とは、血管内皮細胞を増殖させる因子です。

血管内皮細胞は血管を新たに作り出したり、ケガなどで損傷してしまった血管を修復する働きがあります。

血管内皮細胞が増えると、新たな血管が作り出されることで血流が改善します。

そもそも幹細胞増殖因子(HGF-1)とは?

幹細胞増殖因子は、髪の毛の成長サイクルの中で髪の毛の成長が止まる時期である休止期から、髪の毛が太く長く成長する成長期へ移るよう誘導をする効果があります。

成長因子が血管を新たに作らせる

これらの成長因子の中で「頭皮環境を改善して育毛を促す」のに特に有効なのは、血管内皮細胞増殖因子です。

この因子は、身体の成長過程において血管を新たに作り出す働きがありますが、頭皮に直接注入することによって頭皮に新たな血管が作りだされ、頭皮の中でこれまでなかった部分に血管が増加して頭皮全体の血流が向上します。

その結果、髪の毛の成長に必要な栄養分や酸素が行き渡るようになって、毛乳頭細胞や毛母細胞などの髪の毛に重要な細胞の働きが活発化するため、育毛に効果が期待できます。

成長因子が毛母細胞の活性化で頭皮環境につながる

髪の毛の成長には、毛母細胞の活動が欠かせません。

前述したように毛母細胞の分裂・増殖により髪の毛が増えるわけですが、毛母細胞に対し最も効果が期待される因子はインスリン様成長因子で、この因子が増えることによって毛母細胞が活性化されます。

それにより、髪の毛のヘアサイクルにおいて成長期の延長・休止期と退行期の短縮、髪の毛の主成分であるケラチンの増加及び質改善、髪の毛の根元部分である毛包の炎症を抑制するなどの効果が期待できます。

インスリン様成長因子は食べ物によって増やすこともでき、効果的にインスリン様成長因子を増やす方法としては、唐辛子などに多く含まれているカプサイシンと大豆などに含まれるイソフラボンを一緒に摂取することです。

これにより知覚神経が刺激され、毛乳頭細胞に作用してインスリン様成長因子が多く分泌されるのです。

グロースファクターと医療機関による治療法

グロースファクターを用いた薄毛治療は「グロースファクター再生療法」と呼ばれています。

これまでご紹介してきた頭皮や髪の毛に有効な成長因子を直接頭皮へ注入し、ダイレクトに頭皮環境や育毛力を向上させる治療法です。

注射での注入の他にも、レーザーを用いた治療も増えています。

これまでの薄毛治療はプロペシアなどに代表される投薬治療が中心で、AGAの原因であるジヒドロテストステロンを生成する5αリダクターゼを阻害して薄毛を抑えるという手法でした。

ただ、投薬治療には確率は低いものの精力減退などの副作用が見られ、妊活中は服用が難しいなど安全な治療とは言えないものでした。

これに対しグロースファクター再生療法は全くアプローチが異なり、加齢とともに減少するグロースファクターを注入する事で補い、育毛力を向上させて薄毛を改善するという治療になります。

基本的にはもともと体内にあるグロースファクターを注入するため、同様の副作用は見られないというのが大きなメリットです。

グロースファクター再生療法に用いる治療用薬液は医療機関ごとに配合成分が異なっており、栄養素などを含めそれぞれ独自の治療を行っています。

治療の頻度としては1か月に1回注入し、効果が見られ始めるのは約半年程度というのが一般的です。

グロースファクター配合の育毛剤とは?

育毛剤の中には、グロースファクターを配合している物も販売されています。

その中で代表的な2商品をご紹介致します。

エピトロフィルGF

インシュリン様成長因子や血管内皮細胞増殖因子、ケラチノサイト成長因子など6種類のグロースファクターを配合しています。

その他56種類ものビタミンやミネラルが含まれています。

モンゴ流スカルプエッセンス Deeper

インスリン様成長因子やケラチン成長角質細胞成長因子、トリペプチド-1銅の3種類のグロースファクターを含んでいます。

無添加であるため頭皮に優しく、50種類以上のスカルプケア成分を配合しています。

まとめ

グロースファクター再生療法は、頭皮に直接グロースファクターを注入する事で薄毛を改善する治療です。

これまで薄毛治療のメインだった投薬治療と違い、精力減退などの副作用がないことからチャレンジしやすいと言えます。

医療機関による再生療法以外にも、グロースファクターが配合された育毛剤もあり、決してハードルは高くありませんので、薄毛に悩んでおられる方はぜひ試してみてください。

コメント