プロペシア主要成分フィナステリドの育毛効果で男性型脱毛症を抑制

スポンサーリンク

プロペシアという薬は育毛業界では神のような存在で、早めに治療を開始すれば薄毛に悩んでいたのを忘れるほど健康な髪の毛を増やしていくことができる効果的な治療方法であり薬です。

薬ですから副作用についてもしっかりと理解して、医師の指導の下で正しく使用すること大切です。

そもそもプロペシアの主成分フィナステリドとは?

フィナステリドはアメリカのメルク社が開発した抗アンドロゲン薬です。

抗アンドロゲン薬とは、人体において男性ホルモン(アンドロゲン)の働きを抑える役目を持つ薬物の総称です。

抗男性ホルモン剤と呼ばれることもあります。

フィナステリドは、男性ホルモンのテストステロンが2型5α還元酵素と結びついて、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変換されることを抑制する作用を持っています。

1日5㎎の使用で前立腺肥大症や前立腺がんの治療に使われています。

1日に0.2㎎もしくは1㎎の低用量のものは男性型脱毛症の治療に「プロペシア」の商品名で使われています。

なお、プロペシアの日本での特許は2015年に切れましたので、各社が後発品を発売するようになりました。

開発当初は前立腺肥大の治療薬として認可されたものですが、低用量での使用について研究がすすみ、同じ男性ホルモンが作用する男性型脱毛症で毛髪の成長が認められ、2005年に日本でもAGA治療薬として承認されました。

同じようにジヒドロテストステロンを抑制する薬に「デュタステリド」がありますが、こちらは慢性の前立腺炎の治療に用いられます。

なぜフィナステリドを服用すると、5αリダクターゼを抑制することで、抜け毛が減るのか?

男性型脱毛症にはフィナステリドが有効ですが、この薬の作用を説明する前に男性型脱毛症が発症するメカニズムについて解説していきます。

男性型脱毛症は成人男性にしばしば見られる薄毛の症状で、頭頂部もしくは前頭部のどちらか一方(両方のケースもあり)から髪が薄くなっていく病気です。

何もせずに放置していても治ることはなく、むしろどんどん進行していきます。

薄毛の症状に気付いたら早めに対処することで進行を食い止めることができると言われていますので、早期発見と早期治療が大切になります。

男性型脱毛症で抜けた毛の根元にはジヒドロテストステロンという男性ホルモンが高濃度に発生していることが分かっています。

ジヒドロテストステロンの作用で脱毛の指令が出て、ヘアサイクルに逆らい髪の毛が十分に成長する前に抜けていくのです。

ヘアサイクルは成長期と休止期、退行期を繰り返してしますが、成長期の期間が極端に短くなるために髪の毛が段々と薄くなっていきます。

この脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロンという男性ホルモンは、一般に誰でも持っているテストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と結びつくことで変化した結果です。

5αリダクターゼは健康な体を保つために必要な酵素ですが、分泌量が多い人と少ない人、個人差がみられます。

なぜ個人差があるのかについては研究段階ですが、母親からの遺伝によるものという説が有力です。

フィナステリドはテストステロンと5αリダクターゼが結びつくのを防ぎます。

ジヒドロテストステロンの産生を抑えますので、ヘアサイクルを正常に戻し健康な髪の毛を取り戻す効果があります。

完全に脱毛して毛穴が退行して無くなった部分には効果が無く、あくまでも薄毛として存在している髪の毛に効果があります。

薄毛を次の成長期にしっかりとした髪に変えることができる有効な治療薬です。

男性型脱毛症が進行していても、プロペシアを服用しても効き目は期待できるのか?

男性型脱毛症の発生初期には、生えてくる髪の毛が柔らかく細くなっていくという症状が見られます。

この時点では毛穴は存在してて毛乳頭細胞や毛母細胞も存在しますから、フィナステリドの効果が発揮されます。

薄毛が進行して完全に髪の毛が生えてこなくなった頭皮には残念ながら毛根がありませんので、フィナステリドが作用するところが無く、髪の毛を生やすことはできません。

あくまでも「毛根が残っている状態」がフィナステリドが効果を発揮する前提条件となるのです。

男性型脱毛症の治療が早ければ早い方が良いといわれるのはこのためで、消えてしまう毛根が少ないうちに治療を開始することで、薄毛を改善することができるのです。

プロペシアは「前側薄毛と渦巻き薄毛」どちらに効き目があるのか?

前側薄毛とは、額の方から生え際が徐々に薄くなっていく薄毛のことです。

渦巻き薄毛とは、頭頂部・つむじの辺りから円を書くように薄毛が進行していくタイプの薄毛です。

プロペシアはどちらのタイプの薄毛にも効果があるといわれていますが、最近になって、どちらかというと頭頂部の薄毛に高い効果が見られることが分かってきました。

そもそも、前側薄毛と渦巻き薄毛になるのはジヒドロテストステロンという男性ホルモンがテストステロンと5αリダクターゼと結合して産生されることが原因です。

そして、プロペシアが効くのは5αリダクターゼの中でも2型5αリダクターゼです。

頭皮には側頭部や後頭部に1型5αリダクターゼが多く存在していますが、額に1型5αリダクターゼが多い人もあり、このような人の場合、前頭部(生え際)の薄毛にはプロペシアの効果が感じられないというケースがあるようです。

1型リダクターゼは皮脂腺に存在する酵素なので、頭皮でも前頭部に汗をかきやすい人は、前頭部に1型リダクターゼが多いといわれています。

プロペシアを服用すると、初期脱毛が起こり、そこからじょじょに効き目が現れる

プロペシアを服用し始めると、初期脱毛という脱毛が続く期間が現れます。

薄毛の治療に挑んでいるのに脱毛してしまうのでとても不安に感じる人が多いのですが、これはプロペシアが効き始めた証拠ですので安心してください。

初期脱毛で抜ける髪の毛は、ヘアサイクルの乱れによって生えた弱い毛です。

この弱い毛が増えることが男性型脱毛の原因となるのですが、初期脱毛で弱毛が抜けていくことで次に健康な髪の毛が生えてくる準備となります。

プロペシアを服用すると、毛母細胞が急に活性化します。

毛母細胞が弱っている毛穴から生えた髪の毛は弱いヒョロヒョロとした髪の毛で、活性化した毛母細胞は弱毛を取り除くことで新しい髪の毛を作り出し、皮膚の表面へと押し上げていきます。

髪の毛はどちらにせよいずれ抜けていくものです。

一旦ヘアサイクルをリセットするという意味でも、初期脱毛は必要な症状で、初期脱毛の量が多いほど多くの毛母細胞に薬の有効成分が届いている証拠になるのです。

フィナステリドで抜け毛量を減らし、薄い部分の頭皮を改善するためミノキシジル配合育毛剤を使うのがオススメ

男性型脱毛症の治療では多くの場合、フィナステリドとミノキシジルとを併用して治療を進めていきます。

ミノキシジルとは、高血圧のための血管拡張薬として開発された薬で、最近では脱毛や薄毛の治療薬として外用薬で使われている薬です。

毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化させる効果がありますが、そのメカニズムについてははっきりと分かっていません。

男性型脱毛症の治療薬であるフィナステリドとは薬が効く作用が異なるため併用しても問題はなく、併用することで発毛効果を高めることができるといわれています。

フィナステリドはジヒドロテストステロンの産生を抑えて抜け毛を防ぎます。

一方のミノキシジルは細胞を刺激して発毛を促進します。

よりスピーディーに男性型脱毛の治療効果を得るためには併用が最も効果的であるとされているのです。

まとめ

男性型脱毛症は改善する病気です。

遺伝だからと諦めずに根気強く医師の指導に従って治療を進めていきましょう。

ミノキシジルとの併用はさらに効果的で、より短期間で、増毛やカツラとは違う自分の髪の毛を作り出すことができます。

コメント