フィナステリドの副作用でブツブツの吹き出物?顔ニキビの原因

スポンサーリンク

AGAの治療は1年未満で終ることはなく、何年も治療を続けて結果が出ることも多くなっています。

その間、フィナステリドの影響で体に副作用のような症状が出てしまうことがあります。

フィナステリドを服用している人の中には、ニキビが増えたという人もいます。

ニキビとフィナステリドはどんな関係があるのか、ここで詳しく解説していきましょう。

「ニキビと吹き出物の違い」なぜホルモンバランスが崩れる

ニキビと吹き出物、同じような症状で呼び方が違いますが、違うのは呼び方だけで皮膚疾患の「尋常性ざ瘡」です。

この二つに疾患の観点からの違いはありません。

一般的には10代から20代前半の若い世代に発症するものを「ニキビ」、20代後半から発症するものを「吹き出物」と呼ぶことが多いようです。

尋常性ざ瘡とひとまとめにされていることからも分かるように、発生のメカニズムはどちらも同じです。

皮脂が毛穴から上手く排出されず、毛穴に詰まって雑菌が発生し、毛穴の周辺に炎症を起こすことでニキビや吹き出物が発生します。

炎症の状態の時の赤くなった状態を「赤ニキビ」、炎症が進んで膿が溜まった状態を「白ニキビ」、炎症の深度が深くなって黒くなったものを「黒ニキビ」と呼ぶこともあります。

思春期にできるニキビの原因は皮脂の過剰な分泌が原因ですが、皮脂を過剰に分泌させてしまうのはホルモンバランスの乱れです。

大人の吹き出物も皮脂の過剰分泌が原因ですが、角質の剥がれるサイクルが乱れることも吹き出物の原因となります。

女性ホルモンのプロゲステロンには皮脂の分泌を促進する働きがあり、エストロゲンには皮脂の分泌を抑える作用があります。

通常はこのバランスが上手に取れているので、皮脂の過剰分泌は起こりませんが、思春期に起こる生理的な作用によってホルモンの分泌バランスが安定しないため、ニキビができやすい状態になります。

吹き出物に関しても、ホルモンバランスが日常生活のストレスや生活習慣の乱れによって崩れた時、皮脂の過剰分泌と肌のターンオーバーのリズムが崩れて毛穴が詰まり吹き出物が発生してしまいます。

フィナステリドだけでなく、ミノキシジルの作用でも、血流活発で頭皮や顔の皮脂腺が活性化

ミノキシジルは毛細血管の拡張を促す効果がある育毛有効成分で、厚生労働省から発毛の医薬品として認可を受けていて、AGAの治療に用いられる薬です。

この「血管拡張作用」はAGAにはとても有効なのですが、血管が拡張される作用が強く出た場合、初期症状として痒みが出て、ニキビが増えてくるという副作用を起こすと言われています。

血管が拡張して血流が良くなれば肌も綺麗になるとイメージしてしまいますが、普通に生活を送っていて血管が拡張するのであれば良いのですが、薬の作用で無理やり血管を拡張して血流を良くしていますので、細胞分裂が盛んに行われて皮脂分泌も活発になります。

肌が元気な証拠ではありますが、しっかりと洗顔できていなければ思春期のニキビと同じような作用で、毛穴周辺に皮脂が詰まり、吹き出物となってしまいます。

すべての人にこの症状があてはまるわけではなく、日ごろから肌の皮脂が多いと感じている人(べたつきやすい人)にこのような副作用が出やすいと言われています。

ただし、ニキビができたからと言って洗顔の回数を増やすなど過剰に皮脂を取りすぎると、さらに皮脂の分泌量を増やすことになり悪循環を引き起こします。

しっかりと毛穴の汚れを落とす洗顔料を選んで、肌を傷つけないように優しく洗顔するのがコツです。

洗顔の前に蒸しタオルなどで毛穴をしっかりと開かせてから洗顔料を使うことも、ニキビ予防には効果があります。

薄毛や抜け毛量のことを過剰に考えすぎて、吹き出物ができることも

育毛剤に含まれる成分のせいではなく、薄毛や抜け毛がストレスとなって吹き出物ができることがあります。

ストレスと一口に言っても、心理的なストレスと身体的なストレスに分かれます。

一般的には心理的なストレスを「ストレス」と言いますが、体が受けるストレスも吹き出物の原因になることがあるので注意しましょう。

人間には自律神経があり、この自律神経は交感神経と副交感神経とに分けられます。

リラックスしている時は副交感神経が優位に働き、緊張している時やストレスを感じる時には交感神経が優位になります。

交感神経が優位になると、アンドロゲンやアドレナリンといった副腎皮質ホルモンや、男性ホルモンのテストステロンが活発に分泌されるようになります。

アンドロゲンやアドレナリンは皮脂分泌量を増やす働きがあり、テストステロンもDHTに変化することで皮脂分泌の量を増やしてしまいます。

皮脂分泌が増えれば脂性肌になり、吹き出物ができやすい肌状態になるのです。

身体的ストレスは、吹き出物を気にするあまり手で触ってしまったり、髪の毛やマスクで隠そうとすることで吹き出物を悪化させたりすることです。

髪の毛やマスクの刺激で角質が傷付いて炎症を起こしやすい状態になり、吹き出物が治りにくい状態を作り出してしまうのです。

これらのストレスを無くすためには、薄毛のことばかり考えすぎないこと、長期戦になることを覚悟して治療にあたること、正しい生活習慣でストレスに強いからだと心を作ること、が大切になります。

どうしてもストレスを感じてしまうという人は、精神科医に相談して心の調子を整える方法を見つけることも有効です。

まとめ

フィナステリドの影響で肌荒れを起こすといった声が多いのですが、直接的な原因はフィナステリドというよりも、心理的なストレスであったりホルモンバランスが乱れて皮脂分泌が増えたりすることが原因ではないかと考えられています。

吹き出物ができるとつい手で触ってしまったり、マスクで隠そうとすることも悪化する原因の一つです。

ストレスを解消する有効な手段を早めに見つけて、正しい洗顔を続けることで症状を軽減することができます。

コメント