ロート製薬50の恵養潤育毛剤の成分が髪の毛や頭皮に作用する

スポンサーリンク

CMなどでもお馴染みのロート製薬「50の恵み」。

50歳からのエイジングケアとして、50種類もの自然由来の成分の力で年齢に負けない美しさを維持する人気のシリーズです。

ヘアケア商品では、シャンプーやコンディショナーだけでなく、育毛剤も作られています。

リニューアルして使用感がますます良くなったと話題の育毛剤についてもう少し掘り下げてみましょう。

そもそも養潤育毛剤50の恵とは?

「50の恵み 養潤育毛剤」は現在、「50の恵み 髪ふんわりボリューム育毛剤」にリニューアルされています。

ロート製薬50の恵みシリーズの中のひとつで、効き目にこだわった薬用育毛剤となっています。

3種類の有効成分に加えて、天然柑橘から抽出した成分など50種類のうるおい成分を配合しています。

50の恵みシリーズは、50歳からの女性を対象にしたヘアケア・化粧品のシリーズで、年齢と共に増えていく髪や肌の悩みに立ち向かえるシリーズとして医薬品研究で培った技術を用いて、手軽にエイジングケアができるようにと開発されました。

育毛剤は、女性の薄毛の特徴である、全体的に薄くなり生え際の密度と細さが気になる「びまん型」と呼ばれる薄毛に効果のある配合となっています。

老化やストレス、女性ホルモンの減少によって女性の髪は年齢と共に細く薄くなっていきます。

この症状を作り出しているのが、ヘアサイクルの乱れです。

50の恵みの育毛剤はヘアサイクルの乱れを正常に戻し、強く健康な髪の毛を作り出すサポートをしてくれる育毛剤になっています。

生え際に使いやすい「泡タイプ」の育毛剤と、頭皮全体に使いやすい「スプレータイプ」の2種類から使い方や好みによって選ぶことができます。

50の恵有効成分ニンジンエキスが頭皮の血行を促進

ニンジンエキスを抽出するニンジンは、私たちが日ごろ食べているニンジンとは違い、主に「オタネニンジン」から抽出されたものです。

オタネニンジンの特徴はサポニン配糖体が配合されていることで、サポニンが血行促進や滋養強壮に効果のある成分となります。

頭皮の血行を改善して毛細血管に十分な血液を届けることで、毛母細胞の活性化を促しヘアサイクルを正常に整える効果が期待できます。

ヘアサイクルが乱れた状態では、髪の成長期が休止期と退行期(髪が成長を止めて抜けていく周期)に追いつかず薄毛が進行します。

髪の毛のサイクルを正常にするには、毛母細胞を活性化して健康な髪を作り出すサイクルを正常に戻してあげる必要があるのです。

血行を促進することで毛母細胞に十分な栄養が届けば、再び正常なヘアサイクルに戻る効果が期待できるのです。

この他にもサポニンには抗酸化作用や抗菌作用があることでも知られています。

頭皮の皮脂を抑えて過酸化物質の発生を防ぎ、毛穴の詰まりやニオイの予防にもつながります。

パントテニルエチルエーテルが毛母細胞に働く

パントテニルエチルエーテルは頭皮に潤いを与える成分として、育毛剤に配合されることが多くなってきた成分です。

パントテニルエチルエーテルはビタミンB群の一種で、保湿効果や抗炎症効果を持っています。

育毛剤に配合することで、頭皮の乾燥を防いで、皮脂の過剰分泌により毛穴が詰まって起こる頭皮の炎症を抑える効果が期待できます。

毛母細胞を作り出しているのは毛母細胞よりも少し頭皮側に存在する「バルジ領域」という部分で生産される幹細胞です。

パントテニルエチルエーテルには、バルジ領域を刺激する働きもあると言われていますので、毛母細胞を作り出すサポートの効果があるのです。

このため、保湿や抗炎症と言った頭皮に作用する効果の他、直接育毛に関わる成分として育毛剤には頻繁に使われる成分となっています。

効成分グリチルリチン酸ジカリウムかゆみ改善などに関係

グリチルリチン酸ジカリウムは甘草から抽出された成分で強い抗炎症作用があることで知られています。

薬品や化粧品に配合されることの多い実績のある成分で、育毛剤にも配合されることの多い成分です。

グリチルリチン酸ジカリウムの抗炎症効果は、頭皮の炎症を抑えることにも役に立ちます。

頭皮の炎症というと、頭皮がかぶれて赤くなる状態を想像する人が多いのですが、このような目立つ炎症ではなく、毛穴周辺に炎症を起こしている人が非常に多いのです。

この炎症に関しては自覚症状が無い人がほとんどです。

毛穴からは日々頭皮の潤いに必要な皮脂が分泌されていますが、ストレスや紫外線、日常生活の乱れなど様々な原因で皮脂が過剰分泌されることがあります。

シャンプーできちんと落とし切れなかった皮脂が毛穴に残り、毛穴を詰まらせて毛穴周辺に菌が発生し炎症を起こしてしまうのです。

ニキビも毛穴の炎症が原因で起こる疾患ですが、それと似たようなことが頭皮でもしばしば発生しているのです。

最も有効な手段はシャンプーできちんと汚れを落とすことですが、正しいシャンプーができていないとすぐに炎症が起こります。

毛穴で炎症が起こると痒みやフケと言った頭皮の悩みが発生します。

グリチルリチン酸ジカリウムの働きは、このような炎症を抑えて頭皮を健やかに保つといったものです。

その他の成分どうのような作用が期待できるのか?

50の恵み育毛剤には、ニンジンエキスなどの有効成分の他にもセンブリエキスやフコイダンなど、育毛に効果があるとされる成分が多く含まれています。

フコイダンは海藻から抽出された成分で、頭皮に潤いを与えて毛乳頭細胞を活性化して育毛につながる成分です。

センブリエキスは独特の苦み成分「スエルチアマリン」が頭皮の血行を促進して、髪の毛のもととなる毛母細胞に十分な栄養を届けて活性化させる働きを持っています。

ワレモコウエキスは自然派化粧品に頻繁に使われるエキスで、ワレモコウという植物の根から抽出した成分です。

皮膚の保護や収れん作用が強く、抗酸化作用も期待できる成分です。

頭皮に抗酸化作用が働くことによって、活性酸素を除去することで皮脂の酸化を抑える効果や毛細血管の血流促進効果が期待できます。

薬50の恵養潤育毛剤は使用できない人もいる?

自然由来の成分が主成分となっていますので、大きな副作用の心配はありません。

しかし、配合されている成分にアレルギーがある人は使用を控えた方が良いでしょう。

特に、植物類に関しては日ごろ口にする成分は少ないので、頭皮に使って初めて気付くという人も多くなっています。

アレルギーを起こしやすい植物エキスはほとんど使用されていませんが、心配な人は使用前にパッチテストを行ってアレルギーが起きないかを確かめてから使うようにしてください。

これは50の恵みに限らず、どの化粧品や育毛剤でも同じことです。

自然派化粧品や育毛剤、ヘアケア商品であっても、原料となる植物にアレルギーがあれば使用できないと覚えておきましょう。

まとめ

年齢と共に髪がやせ細っていくのは仕方のないことではありません。

しっかりと毎日ケアを続けることで、髪のボリュームは取り戻せます。

50の恵み育毛剤にはエイジングケアに効果を発揮する多くの成分が配合されています。

ドラッグストアでも購入することができ、手軽に始めることができますので、今日から頭皮と髪の毛にもエイジングケアを取り入れてみませんか。

コメント