薬用花蘭咲(カランサ)の天然植物と有効成分が抜け毛の悩みに効く

スポンサーリンク

年齢と共に薄毛が気になってきたけど、どんな商品を使ったらよいか分からないという女性は多いものです。

毎日手軽に使える育毛剤として話題になっている花蘭咲は、女性に優しい処方となっています。

どんな商品を選んだらよいのかと悩む女性のために、ここでは花蘭咲の成分について詳しく解説していきます。

そもそも花蘭咲とは?

花蘭咲とは、有限会社マイケアが発売する育毛剤で、自然栽培のエビネ蘭を主成分とした育毛剤です。

エビネ蘭は絶滅危惧種に指定されている貴重な日本古来の和蘭です。

鉢栽培、庭園植栽のために販売されていますが、植物ウィルスに感染しやすいため栽培が非常に困難なため、高価な品種となります。

野生種のエビネ蘭の盗掘が問題になった時期もありましたが、最近になって栽培技術が進歩したため盗掘の数が減り、野生種の個体数の回復が確認されるようになってきました。

薬用育毛剤に採用されている花蘭咲は宮崎県の山間で自然栽培されたものを使用しています。

人工的に栽培されたものよりも球根が大きく栄養価が高いため、育毛のための成分を豊富に配合しているという利点があります。

エビネ蘭の他にも、柚子やサンザシ、ワレモコウなど10種類の植物天然エキスを配合、育毛有効成分としてセンブリエキス・塩酸ピリドキシン・ニコチン酸アミドを配合しています。

界面活性剤や香料などを使用せず、健康な髪と頭皮のための配合となっています。

通常価格は120ml(一か月分)で7000円となっていますが、定期便に似た仕組みの「とくとく便」を利用すれば31%オフの4800円で購入することができます。

(いずれも税別)

花蘭咲配合成分エビネエキスが血流促進作用

エビネ蘭から抽出されたエビネエキスには、カラントサイド・グルコインディカンという成分が配合されています。

これらの成分はエビネ蘭以外からは発見されていない珍しい成分です。

血流の促進作用があると言われていますが、まだ新しい成分のため、日本では学会発表されるにとどまっていて、厚生労働省から育毛に有効な成分とは認められていません。

頭皮の血流が良くなることで、髪のもととなる毛母細胞に血液によって十分な栄養が運ばれるようになり、毛母細胞が活性化することで育毛につながると考えられています。

グルコインディカンという成分については、頭皮環境を改善する効果が期待できます。

頭皮の炎症を抑える効果があり、紫外線や乾燥などで荒れてしまった頭皮の環境を整えて髪が育ちやすい環境を作ります。

有効成分センブリエキス・塩酸ピリドキシン・ニコチン酸アミドが育毛につながる

センブリには強烈な苦みがあることでも知られていて、その苦味の正体は「スエルチアマリン」という成分です。

このスエルチアマリンが頭皮に浸透することで、頭皮の血流を改善する効果が期待できます。

血行促進作用の他にも、研究段階ではありますが、毛根の細胞分裂を活性化させる作用や皮膚毛細血管の増強作用、皮膚温度の上昇作用などがあることが分かってきています。

センブリエキスを配合することで、頭皮の血流アップと毛母細胞の活性化で育毛につながっていきます。

塩酸ピリドキシンは、ビタミンB6活性を持っている化合物です。

ビタミンB6に似た作用を持つということです。

ビタミンB6は皮膚や粘膜を健康に保つために必須の成分と言われていて、血液や神経の働きにも大きな影響を与えています。

塩酸ピリドキシンを育毛剤に配合することで、血行を促進して頭皮を健康に保つ効果が期待できるのです。

ニコチン酸アミドは、こちらもビタミンB群の一種で、別名「ナイアシンアミド」や「ビタミンB3」と呼ばれています。

体内で起こる様々な酸化還元反応をサポートする補酵素で、皮膚や粘膜を健康に保つ作用や血流を改善する効果が期待できます。

塩酸ピリドキシンと同様に、頭皮の血行を改善して頭皮を健康に保つ効果が期待できます。

花蘭咲を使うことで頭皮のかゆみや臭いの働き

エビネ蘭エキスを始め、柚子エキスやサンザシエキス、トウキやワレモコウ、ローズマリーなどの植物成分が主成分となっている花蘭咲。

香料や界面活性剤などの化合物を使用していませんので、副作用が起こりにくい配合となっています。

頭皮を健康に保つ成分がたくさん配合されていますので、頭皮の痒みや皮脂の過剰分泌で毛穴がふさがり、炎症を起こしてニオイがする、という悩みを持つ人に効果が期待できます。

副作用が起こりにくいとはいえ、頭皮の状態や体質によってはかゆみやかぶれが起こる可能性はありますし、配合されている植物にアレルギーがあれば皮膚にアレルギー症状が出る恐れがあります。

絶対に大丈夫とは言い切れませんが、一般的には花蘭咲を使ったからと言って頭皮の状態が悪化するということはありません。

花蘭咲は脱毛症に悩んでいる女性におすすめ

頭皮環境を整える成分が多く配合されていますので、頭皮の環境が悪化している人にはオススメの育毛剤と言えます。

年齢と共に分け目が目立ってきた人、髪にボリュームが無くなってきた人、髪が細くなってきた人の多くはヘアサイクルが乱れている可能性が高いです。

ヘアサイクルとは、髪の成長と退行のサイクルで、このサイクルが正常であると薄毛になることはありません。

しかし、成長のサイクルの時期にしっかりとした髪が生えてこなければ髪は退行するばかりでどんどん痩せてしまいます。

これが年齢と共に起こる薄毛の原因になっていることがおおいのですが、髪のサイクルを正常に整えるには痩せてしまった頭皮を健康な状態に戻す必要があります。

花蘭咲に配合されている多くの成分は痩せて血行が悪くなった頭皮を健康な状態に回復してくれる成分ですので、ヘアサイクルの乱れが原因となって起こる薄毛に効果を発揮します。

まとめ

自然素材が主成分となっていますので、薬と違って作用は穏やかですが日常的に使えるという安心感があります。

爽やかな香りは女性向けで、毎日のヘアケアのひとつとして手軽に使える育毛剤となっています。

まだ薄毛が気になっていないという人でも、頭皮の環境は紫外線やストレスで悪化している可能性が高いので、予防の観点からも早めに頭皮環境を整える育毛剤を使用することをオススメします。

コメント